【6月26日更新】 夏期講習会のご案内

夏期
susumekata.png

くわしい日程、授業料などはホームページ「講習会」をごらんください。

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

多くの生徒さんの参加、お待ちしています。

講習会についてのご質問はお気軽にどうぞ。


夏期講習会での『個別指導』の案内です。
小・中学生は「個別指導」との併用も可能です。高校生は各講座との併用もおすすめです。

2017個別
スポンサーサイト

【6月24日更新】 ドシドシ質問してきてください。 (担当 中嶋)

7月20日、根城学習塾・湊高台校「志路ゼミナール」新規開校。オープン記念特別、充実の「完全1対1の個別指導」を提供します。
東中、湊中、白銀中、白銀南中、三中、鮫中、小中野中、階上中の生徒さんなど、非常に通いやすい場所・環境です。

バナークリックでホームページにいきます。ぜひごらんください。
B2_志路ゼミナール_logo (002)



こんにちは、中嶋です。
昨日は、中3の一斉授業の曜日でした。

テスト週間ということもあり、いつもより早く
塾に来て勉強していましたね。

自習室を利用して、5時半から勉強している
生徒さんもいました。

一斉授業は、社会・数学・英語で
私は社会と数学を担当しました。

各中学校でテスト範囲が違いますが
共通範囲内でテストによく出る問題を全員で演習し
後半は自習形式で授業をすすめました。

特に数学では、根城中生からの質問が多かったです。
授業が終わっても「教えてください」と残った生徒さんもいました。

ドシドシ質問してきてください!!

分からない問題があったり、ワークの解説を見ても
理解に苦しむ時などは質問してください。

分かりやすく、丁寧に解説します。

分からないまま、家に帰らないようにしましょう。
そして家に帰ったらもう一度、質問した問題を解いてくださいね。

質問して、解説を聞き「分かった!!」と思うことと
「分かって、解ける」ことは全く違います。

分かって解けるようになって、点数が取れます。

点数を取れるよう、分からない問題を1つ1つ
確実に理解し、解けるようにする。

この積み重ねです。

本日は以上になります。

中嶋



7月の1

【6月23日更新】 定期テストまで1週間。 (担当 田名部)

こんにちは、田名部です。

先日の定期テスト対策授業に参加した皆さん、参加してないけど家で勉強していたみなさん、お疲れ様でした。

中総体の地区大会が終わった次の日で、まだテスト週間が始まるか始まらないかだったにも関わらず、教室が埋まるほどの参加者数に正直驚きました。「家だとやらないので」なんて謙遜の声を聞きますが、集中してできる環境に自分から身を置けるというのは、それだけでもすごい事だと思います。みなさん集中してよく頑張っていました。
日曜日にも同じようにテスト対策授業があります。すでに多くの生徒さんが申し込んでくれていますが、是非活用してもらいたいです。

さて、先日の中一の一斉授業、わたしは英語の授業を行いました。

とりあげたのは、「〇〇な△△」という表現。
例えば、「古い硬貨」や「面白い本」などといった、名詞に形容詞がくっついている形です。

これらは、日本語で
「古い」+「硬貨」
「面白い」+「本」
とそのまま足し算されているように、英語でもそのままの順番で足し算します。

「old(古い)」+「coin(硬貨)」=「old coin」
「interesting(面白い)」+「book(本)」=「interesting book」
という感じですね。

ただし、数えられるものが一つの場合、その前には「a(an)」を付けなさいね!という決まりがあったので、これらにも「a(an)」を付けなければなりません。

その時に注意が必要です。

形容詞+名詞と足し算したものは、離れ離れにさせないで!という決まりもあるのです。
離れ離れにさせず、「a(an)」をつけるにはどうしたらよいでしょう。
形容詞の前に置けばいいんですね。くっつく語の頭の文字が母音なら「an」子音なら「a」をつけるというのも忘れずに。くっつく語、なのでこの場合は形容詞の頭文字を見ることになります。

つまり
「1枚の古い硬貨」→「an old coin」
「1冊の面白い本」→「an interesting book」
となればOK!


ここまでに出てきた単語はかけるようになっているでしょうか。1年生に英語の調子を尋ねると、スペルがわかりません!という返事が大半です。
今回のテストでは数字、曜日や教科を英語で書く時のスペルを問われるところが多いようですし、この先、テストも授業も、出てきた単語は書けることを前提に進んでいきます。

そこは各自でなんども繰り返し練習して覚えるしかないところです。
わかっているのにスペルで落とすのはとてもとてももったいないです。

テストまで1週間ないところもあります。いっそう気合を入れていきましょう!


2017の6月ポステス対

数学集中講座

【6月22日更新】 中3対象 「実力テスト対策講座」 6月30日(金)


理科計算2017年


【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

6説

【6月21日更新】 定期テスト対策授業(第1回目)を終えて。 (担当 中嶋)

こんにちは、中嶋です。
昨日は、定期テスト対策授業がありました。

時間は、13時~18時。
5時間しっかり勉強しましたね。

お疲れ様でした。

「勉強するときは勉強する。」
そんな思いで、皆さん勉強していました。

生徒さんからの質問がたくさんあったんですが
前回より質問のレベルが上がったように感じました。

難しい問題の解き方についての質問。
ひっかけのある問題についての質問。
解説にはない別の解き方についての質問。

などなど、私自身が勉強になった質問もありました。

真剣に考え、悩み、どうしても解けない。
そんな問題についての質問は力がつきます。

印象深かった生徒さんを紹介します。

数学のある問題を、10分経っても解けずに悩んでいました。

私から「ヒントだそうか?」と声をかけたんですが
返事は「もう少し考えてみます。」でした。

それから20分後に、生徒さんから
「いくら考えてもわからないので教えてください。」
と言ってきたんですね。

質問してくるまでに、私の方から声をかけようか迷ったんですが
生徒さんのために声をかけませんでした。

何が生徒さんのためかと言うと、「真剣に取り組んでいる時間」が
生徒さんにとって一番の勉強
だと私は思います。

結果として、問題を解けなかったとしてもです。

なぜなら、真剣に考えただけあって、印象に残り
解き方もしっかり覚えてくれるんですね。

逆のパターンはこうです。

大して考えずに、解き方を質問してきても
印象が弱いため、解き方を忘れて同じ質問を繰り返す。

前者の方が時間も使って非効率のように感じたかもしれませんが
結果として覚えているんですよね。

定期テストまで、まだ焦る時期でもありませんし
1つ1つ真剣に取り組み、1つ1つ身につけていってください。

※ 上記は数学の勉強法の1つであり、暗記系の社会などは
この限りではありません。

25(日)にも定期テスト対策授業があります。
定員まで残りわずかですので、ご希望の方は
お早めにお電話ください。
2017の6月ポステス対

本日は以上になります。

中嶋

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

6説

数学集中講座