塾のはなしの記事 (1/249)

【9月21日更新】 定期テストが近づいてきた一方で・・・ (担当 中嶋)

こんにちは、中嶋です。

早い中学では来週頭に、ほとんどの中学が来週末に
定期テストがあります。

前回のブログで、以下のように書きました。

テスト直前になって焦らないよう日々勉強していきましょう!!

いかがでしょうか。
日々コツコツと勉強していたでしょうか。

今日は定期テストだけでなく、全県テストや実力テストに
目を向けて頑張っている生徒さんを紹介します。

中3の特進クラスの生徒さんは、授業開始前と終わりに
質問してくる回数が日々増えてきています。

授業に対しての質問も一定数ありますが、特に増えてきた
質問は高専と入試の過去問についての質問です。

彼らは定期テストの勉強もシッカリしつつ、先のことも考え
過去問を解き、今からコツコツと頑張っています。

この現状を知ってどう感じましたか?

感じたことはそれぞれだと思います。

僕も頑張ろう!私も始めなきゃ!などなど
少しでも前向きになってもらえればと思います。


・定期テストの勉強をまだしていない

・定期テストの勉強をしている

・定期テスト+入試問題の勉強をしている

客観的に見て、自分は今どの状態か。
どうしなければならないのか。
本当はどうするのが一番いいのか。

胸に手を当てて冷静に考えてみてください。

そして決断し、行動(勉強)する。
自分で決めたことを実行すると他人にやらされていたことより
何倍も速さと結果が出ます。

まずは定期テストをがんばりましょう!!
全県テストをひかえている生徒さんは
暗記系の科目の見直しなどしておきましょう!!

分からない問題があったときは気軽に質問してくださいね。
また、勉強の仕方など何か悩んだときも声をかけてください。

本日は以上になります。
中嶋


2017の9月ポステス対

『定期テスト対策授業』。中1~3年生まで対象。外部生の方も参加可能です。①13時~16時、②16時半~19時半までの2つの時間帯から選べます。

「① 13時~16時」は定員となりました。②のほうは残り3名となっています。
「定期テスト対策授業」は中嶋、田名部、佐々木で担当します。よろしくお願いします。


【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】


スポンサーサイト

【9月19日更新】 中3一斉授業 2次方程式の文章題 

佐々木です。18日月曜日は中3一斉授業を担当しました。

数学、英語の「定期テスト確認テスト」を実施。約10日後にせまった定期テストのために、各自課題を発見してもらえたならと思う。有意義なものとなったのではないか。

2次方程式の文章題。長方形の周の長さが50センチという場合。長方形は「たて2辺とよこ2辺」でできているため、「たて1辺とよこ1辺の和が50÷2=25センチ」。このことから出発する。たてかよこをxとおく。そうするともう片方の長さが「25-x」となる。昨日取り上げた問題は、「周の長さ」ではなく、「50センチのひもで長方形を作る」という表現だった。同じことだ。

授業でも述べたが、まずは「完璧な計算力」を。正確に、そして速く。それには量をこなすしかない。量をこなすうちに、自信となる。自信がつけば計算の速さはさらに加速する。頭のなかで「かなりの部分まで」計算できるようになる。

英語。「その部屋を涼しくしておくことはいいことだ」という英作文。It toを使うまではできたが、「涼しくしておく」が難しい。make A Bのところでやった「keep A B」を使えばよい。ほか、have been to there とはしないことを再確認したい。thereにはtoの意味が入っているので必要ない。hereも同様。

24日日曜日に行うテスト対策授業。16時半から19時半の時間帯は、あと3名ほど席が空いています。
「わからないところを聞くことができる」ということと、「みんなが真剣に取り組んでいるなかで自分も集中して取り組める」という効果もとても大きい。参加お待ちしています。




2017の9月ポステス対

『定期テスト対策授業』。中1~3年生まで対象。外部生の方も参加可能です。①13時~16時、②16時半~19時半までの2つの時間帯から選べます。

「① 13時~16時」は定員となりました。②のほうは残り3名となっています。
「定期テスト対策授業」は中嶋、田名部、佐々木で担当します。よろしくお願いします。


【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

【9月18日更新】 中1英語 命令文 (担当 田名部)

こんにちは、田名部です。

定期考査の範囲の発表された学校がちらほらあり、そろそろ本格的にテストを意識しなければいけない時期になりました。
3年生は内申点に関わる大事なテストであるというのも意識して取り組んでほしいです。

さて、先日の中1一斉授業の英語では、命令文について学習しました。

「~しなさい」「~してください」という命令文は、主語を省略して動詞から文を始めます。

例)You play the guitar.(あなたはギターを弾きます)

を命令文に書き換えると

Play the guitar.(ギターを弾きなさい)


1年生の今はまだ学習していない例も多いですが、主語が省略されたということは、主語に応じて形を変えていた動詞は、原形(元々の形)に直す必要があります。

1年生は、学習したものの中では「be動詞」に注意しましょう。
「I」のときのbe動詞は「am」、「you」の時は「are」、「he , it」などの時は「is」でした。
これら、am,are,isは『くっつく主語によって変身しなければいけない』というルールで変身した後の姿であり、変身する前は全部「be」という姿をしています。
主語がなければ変身がとけて元の姿に戻ることになります。

例)You are kind.(あなたは親切だ)
を命令文に書き換えると、主語を省略するので「you」がなくなり、くっついていた主語が消えたので「are」の変身はとけて「be」に戻ります。というわけで

Be kind.(親切にしなさい)

という文になるんですね。


この命令文の前に「Don't」をくっつけて「~してはいけません」という禁止の命令文がつくれます。
例)Don't play the guitar.(ギターを弾いてはいけません)

同じように命令文の前に「let's」をくっつけて「~しましょう」と提案したり誘ったりする文にもできます。
例)Let's play the guitar.(ギターを惹きましょう)

授業の中で、みんながおうちの人によく言われる命令文を考えてみよう、というのをやりました。

「制服を掛けなさい!」とか

「給食で使ったお箸を(洗うから)出しなさい!」とか、

私も中学生の頃よく言われた言葉が色々飛び出して1人懐かしくなっていました。かけずに置いていた制服にお味噌汁をこぼしたことがあったなぁ……。

そんなことはさておき、命令文は主語を省略して動詞の原形からはじめる!と唱えながら沢山問題を解いてください。構造は複雑ではないのでテストまでに形に慣れて、命令文は時間をかけずに解けるようにしていきましよう。


2017の9月ポステス対

『定期テスト対策授業』。中1~3年生まで対象。外部生の方も参加可能です。①13時~16時、②16時半~19時半までの2つの時間帯から選べます。

「① 13時~16時」は定員となりました。②のほうは残り3名となっています。
「定期テスト対策授業」は中嶋、田名部、佐々木で担当します。よろしくお願いします。


【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】





この“おり”というか、サークルというか。これを「またいで」脱走するようになった。
またいで上にのぼったあと、地面に落下することになる。それを考慮して、近くにあるソファのほうにむけて脱走する。「またぐ⇒のぼる⇒ソファに着地」というわけだ。
寝相

【9月15日更新】 本日、中3理科講座です。+「高校個別指導リニューアル」 

佐々木です。
今日は、「中3理科実力養成講座」があります。
19時半~21時20分。中1内容「気体の性質」、「溶解度」、「質量パーセント濃度」を取り上げます。
入試レベルの演習問題を豊富に用意しました。「わかるようになった!」、「できるようになった!」と実感してもらえると思います。

今日の申し込みにも対応していますので、参加希望者はご連絡ください。

ホームページの「高校生個別指導」のページをリニューアルしました。
志望者の多い「看護・福祉系の大学、専門学校」への進学指導も行っていきます。


高校ページ

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

【9月12日更新】 中3数学 二次関数の変域 (担当 中嶋)

こんにちは、中嶋です。

今月末は定期テストがありますね。
3年生は9/23(土)に全県テストもあります。

「テスト、テストで大変!!」と思うかもしれませんが
テスト直前になって焦らないよう日々勉強していきましょう!!

特に暗記系の科目は寝る前に見直しをするだけでも
しないより全然変わってきますよ。

今日は中3の数学、二次関数の変域の問題について書きます。

「変域は苦手・・・」という生徒さんは少なくありません。

「そもそも変域って何?」とよく質問されますが
x、y のような変数のとる値の範囲を変域と言います。

「x と y の範囲の問題だよ!!」
って答えると簡単なイメージを持ってくれます。

実際に思っている以上に難しい問題ではありません。
変域の問題を解くときのポイントは1つです。

それは
変域の問題を解くとき、必ずグラフを書く!!

必ずですよ!!!!
(苦手という生徒さんの多くはグラフを書かない傾向があります)

グラフを書いて『目』で最大値と最小値を確認しましょう!!

これだけで大半の問題は解決できます。
(グラフを書いてどう確認するかは授業でシッカリ取り上げました)

演習問題も徹底的に行ったので生徒さんにとって
苦手意識から点の取れる単元になったと感じたことでしょう。

変域の問題で最後にワンポイントアドバイスです。

xの変域が原点をまたいでいる場合

1: a>0のとき、最小値0

2: a<0のとき、最大値0

解き終わった際に、間違っていないか
確認してみてくださいね。

本日は以上になります。
中嶋


2017の9月ポステス対

『定期テスト対策授業』。中1~3年生まで対象。外部生の方も参加可能です。①13時~16時、②16時半~19時半までの2つの時間帯から選べます。

「① 13時~16時」は定員となりました。②のほうは残り4名となっています。
「定期テスト対策授業」は中嶋、田名部、佐々木で担当します。よろしくお願いします。


【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】