5月24日 『最近、感じていることを。』

今日はテスト対策授業を行いました。

さて、最近感じていることを。

私が見ている範囲での、個人的な感想なのですが、「今年は学校の進み方がけっこう早いのではないか」と感じています。例年以上のところまでがテスト範囲になっていたりする。

たとえば、中3数学の「因数分解」あたり、けっこう「スッ、スッ」と進んでいったように感じました。学校の授業をしっかり聞いて、ワークなどで練習を数多くこなさないと「???」となってしまうかもしれません。ちなみに、学校のワークは「非常によく」作られています。中には塾のテキストにのっている問題より難しい問題が出ているワークもある。しっかりやればかなり力がつくと思います。

根城中3年の数学のテスト範囲に、「教科書の章末問題から出題します(実際にはそこのところのページでしたが)」というようなことが書いてありました。「教科書の問題だから基本的なものだろう」と思われるかもしれませんが、さにあらず。私からみれば、けっこう難易度の高い問題ものっています。もしよければ保護者の方も一度ご覧になっていただければと思います。「テスト範囲」を見て、このように、先生が「出題します」と教えてくれているところをしっかりやるか、どうか。「わざわざ出題します」とおっしゃているのだから、そこを「やらない手はない」。

白山台中は「基礎力テスト」という位置づけですが、3年生の数学は「かなりハイレベルの問題」も出ていたように思います。もしかしたら高校1年生に出してもいいような「因数分解」の問題が出ていました。「x+yの値、xyの値を教えて、(x+y)2乗の値を求める」問題など、なかなかのレベルだと思います。レベルもさることながら、問題量もなかなか。このようなテストで平均点が何点になるのか興味深いところです。

2012年度に教科書が改訂され、学習内容の量が増え、難しいものも出るようになったわけです。ただ、私個人の感じとしては、去年まではそのことが学校の授業・定期テストに「すごく反映されているかといえば、そうでもなかった」ように思っていました。

ただ、今年度は「ちょっと違うぞ」というように感じています。もしかしたら、学校のスピードと、時々出てくる「難度の高い問題」の理解に時間をとられたりで、気づいたら、「授業についていけない・・・」ということになってしまう場合もあるかもしれません。毎日じゃなくて時々でよいので、「どう、学校の授業についていけてる?」と聞いてあげてみてもよいかもしれません。



【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
申込

⇒⇒⇒電話 0178-24-7834までお気軽にどうぞ。
小学英語2015
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村八戸、塾

2015_Poster_S書きこみ1
(無断転載禁止)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック