『Kくんの留学体験記 ④』

Kくんは塾に来てくれていた生徒だ。この4月から海外に留学した。

留学して感じたこと、体験したことを書き送ってくれる。ありがたい。

今回も考えさせられるね。「リスニングの練習で、気になる大学の紹介動画をYouTubeでみるのも面白いです。」というのは、なるほど、たしかに面白そうだ。

お母さん、ジュースありがとうございました。

「外国で英語を学べば学ぶほど、日本の文法重視の英語教育がありがたいと感じます。

と言うのも、テストの半分くらいが文法の点数なんです。
また、それだけではなく、日常会話の中で一番まともな文法を使っているのは日本人だと先生がおっしゃっていました。

他の国の生徒の話を聞くと、確かに発音もスピードも日本人よりは別格です。それは、使っている言語が英語と言語学的に繋がっているからなんですが…

でも、よーく聞いてみたら結構言っていること支離滅裂で、先生は日本人の発音より他の国の方が聞いていて疲れるらしいです。

留学を考えているのであれば、英語は学校の勉強をしっかりしていれば十分だと思います。あと、語彙を増やしておけば大丈夫です。

僕も留学が決まるまで、キクタンと言う教材を毎日やっていました。もちろん全部覚えたわけではありません。今でも続けていますが、こんな単語あったっけ?という感じです。でも、海外で初めて単語を聞くのと、2度目3度目に聞くのでは吸収力が違うと考えています。

また、リスニングの練習で、気になる大学の紹介動画をYouTubeでみるのも面白いです。

各大学は、もちろん生徒が欲しくて動画を作っているわけですから、はじめは聞き取れなくても、飽きないように工夫されています。中にはミュージカル風なものまで…(that's why I choose Yale など)

日本の大学の中にも、国際化を意識して英語で行っているところも少なくないので、ぜひ、チャレンジしてみて下さい」

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック