7月8日 『100ページ!?』

7月8日。

昨日から始まった『スタディ・バトル』。早速、最初のモンスターが討伐されてしまったね。
スタバト2
ちなみに青シールが中2の与えたダメージ、赤シールが中3。さすが3年生といったところだね。

ミニテストは英語だけでなく、理科や社会の「一問一答」形式のものも考えているから、がんばってちょうだい。

昨日の小学生の「みんなで授業」。四字熟語はちょっと難しかったみたいだね。でも、「朝三暮四」とか、「本末転倒」とか、「異口同音」など、日常生活で使いこなせる小学生がいたらスゴイな。

用事でちょっと外出していたのだけど、すこし離れたところまで元気な声で、「ハイ!ハイ!」と聞こえてきたので嬉しく思ったね。

さて、今度の日曜日実施の『英語基礎講座』。村戸先生がテキストを作ってくれているのだけど、その予定ページ数が、なんと、100ページ!「え、100ページ!?」って聞き返しちゃったもの。
英語基礎講座

で、内容も見せてもらったのだけど、よくできている。正直、「こういう問題を、これだけやったら、そりゃ、できるようになるわなあ」という感じ。

これはホント思うのだけどね、勉強って、けっこうな程度までは、「量」でね。「頭の善し悪し」とか、「勉強の仕方」とか、「問題を解くセンス」とか。そいうのが「問題になってくる」のは80点半ばから100点くらいのレベルのことであって、たとえば平均点に届かないなんてレベルは、もう純粋に「やった量がたりない」ということだけだと思うんだ。

今回の「英語基礎講座」は範囲を「be動詞と一般動詞」にしぼっている。範囲をしぼって、そのしぼった範囲の中で簡単な問題を集中して、大量に、繰り返し解く。すんごく、「効く」と思うよ。大げさかもしれないけど、英語が平均点以下で困っていた人には、「劇的なもの」になるのじゃないかな。

そして、知識の面と、「わかった、できるようになった」という気持ち、「自信」の面。それらがある一定のところまで「浮上」したら、そこからの勉強というのは「強い」んだ。「こういうことだったんだ!」というのがつながってくるし、見えてくる。「勉強が楽しい!」というのも、そこからはじまる。

今回の「英語基礎講座」が、そのきっかけになってくれればと思うね。


2015夏期講習会

【中3受験生に強くおすすめします!】・・・「模擬試験を受ける」ということほど、「力になる勉強方法というのはなかなかないのではないか」と思っています。お近くの塾さんでも実施していると思いますので、ぜひ、問い合わせてみてください。

2015_Poster_S書きこみ1(無断転載禁止)


英語担当の先生から、「やる必要があると思うので、ぜひ、やらせてください!」ということで、すこし急ですが、7月12日(日)に『英語基礎講座』を開講します。

今回の定期テスト英語の結果をごらんになって、「英語の点数がちょっと・・・」という方はぜひ。

2時間半、『英語の土台中の土台』を、とことんやります。


英語基礎講座
英語に苦手を感じている方に向けて、『英語基礎講座』を開講します。
今回の講座では「be動詞と一般動詞・現在と過去」を扱います。
これは英語のすべての軸となる部分で、あやふやだと困る内容です。

最初は本当に簡単なレベルから、一つ一つレベルを上げていきます。
なんとなく解けていた方でも、根拠をもって確実に解けるよう特訓します。

「英語の点数をどうにかしたい・・・」という方に、
『自信をもって』おすすめできる講座です。
英語テスト2
お問い合わせ・お申込みは24-7834までお気軽にどうぞ。


【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村八戸、塾
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック