9月18日

定期テスト15【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

中2の授業。各中学校のテスト範囲を見せてもらったが、数学は「1次関数の利用」前までのところが多い。塾ではすでに終えているので、テストまでしっかりと復習していける。

昨日の授業で伝えたかったことはひとつ。下図のような直線の式が出せるか。直線とy軸との交点の座標が9。これが結局、「切片b」なのだということを理解してもらいたい。傾きも「xが6動いているときに、yが9下がっている。」ということから「-2分の3」と出せる。(0、9)、(6、0)の2点を通ることから連立方程式を組んで傾きa、切片bを求める方法でもよいが、「圧倒的に」時間が違う。ぜひ教えた考え方を理解してもらえればと思う。

1次関数

もうひとつ。直線がある。その式が、たとえば、y=x+1とわかっている。その直線上に点pがある。pの「x座標が4」とわかっている。そのときy座標は?

その直線の式y=x+1に「x=4を代入」して求めればよい。今の例なら、「y=5」である。

直線がある。その式がわかっている。その直線上に点がある。その点のx座標がわかっている。そのときy座標は、直線の式にx座標を代入すれば求めることができる。この流れを強烈に身に着けておいてほしい。入試レベルの問題になったとしても、解くための土台になっているのは今日の授業でやったことであることが多い。


[広告] VPS


根城学習塾_旧チラシ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック