【高校入試】各高校の募集人数と動向予想

【高校入試】各高校の募集人数と動向予想

まず1週間ほど前に県教委から発表された各高校の募集人数。前年度から変化はありません。


28年度募集2

今年の動向予想ですが、まず、八戸北が昨年度のような「倍率1倍を割れ」というのはないと思います。反動で急激に高くなるということもない。昨年度だけが特殊であり、今年度は例年並みになるのではないでしょうか。

八高、東、西高に関しても例年並みと見ています。

一方、倍率が高くなりそう、つまり「競争がきびしくなる」とみているのは、八戸工業、八戸商業です。倍率が「1.8」を超える科も出てくるかもしれません。ちなみに、八戸商業・商業科で倍率が1.8倍だったとすると、受験者数は80×1.8=144人。募集人数が80人ですから、144-80=64人不合格ということになります。

八戸工業、商業に関しては、倍率の高さのみならず、「受験者数の学力」という点でも意識する必要があります。偏差値52、53くらいの、八戸西を目指してもよい受験者が、工業、商業を受験する傾向が強まっているように感じています。「八戸南」という偏差値50くらいの高校がなくなったのも原因でしょうし、「普通校に行くよりも、高校で〝手に職をつけて”」という考えの保護者・生徒さんが増えているからでしょう。

八戸工業、商業は、「受験者も多い」、「学力が高めな受験者も少なくないので、入試本番でしっかり点数をとる必要がある」という2つの点で、例年以上に意識して入試にのぞむ必要があると感じています。


本気png
集合写真2

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック