【授業日記】 5月18日 小学生一斉授業、中1一斉授業


(5月18日 水曜日) 
こんにちは。村戸です。今日は小学生と中1の授業でした。

今日の小学生の授業では四字熟語をいくつか紹介しましたね。「用意周到」「試行錯誤」「優柔不断」など・・・。5年生には難しいものもありました。それこそ覚えるのに「悪戦苦闘」していた生徒もいたのではないのでしょうか。四字熟語は得意だから、今日は「千載一遇」のチャンス!と捉えた生徒もいたかもしれませんね。

新しい言葉を覚えることは大変ですが、それによって新しい世界が開けます。新しい漢字・熟語を覚えるときにも、「この意味ってなんだろう」と思ったら調べてみましょう。知っている言葉を増やしていくと、結果的にそれが国語力にもつながっていきます。小学生の国語の授業で心がけていることですが、生徒に「この意味がわかりません」と聞かれると、まず辞書を渡します。その場で教えてあげるのは簡単ですが、それでは生徒の中に残らないからです。わからない言葉は調べる。その習慣がつけば、語彙力はだんだんとついてきます。ぜひ、ご家庭でお子さんが新聞や本を読んでいるとき、またテレビを見ていたりしてわからない言葉が出てきたようなときには、辞書を渡してあげてください。その言葉の意味のほかにも新しい発見があるはずです。
 
★今日のワンポイント(今日のミニテスト内容から)
〈中1 Lesson1の重要表現〉 
1 私は京都出身です。⇒ I am from Kyoto. 2 ありがとう。---どういたしまして。⇒ Thank you. --- You’re welcome. 3 はじめまして。⇒ Nice to meet you. 4 すみませんがもう一度言ってください。⇒ Pardon?  5 はい、どうぞ。⇒ Here you are.  6 ほんと。へぇー。⇒ Really?  7 その通り。⇒ Right.

中1の1次考査の英語は、一般的に範囲がかなり狭いです。比較的点数が取りやすく簡単だと安心することもできますが、逆を言えば学年のほとんどの生徒が100点近い点数を取ってくる可能性もあります。ちょっとした〝知識の穴”が命取りになることもありますね。中学で本格的に始まったばかりの英語ですが、覚える課題を毎回の授業で出しています。それを「苦手だ」とするのではなく、最初が肝心、必死に食らいついていきましょう。今日の英語のミニテストは、全員、前回より大きな進歩が見られました。前回みんなにお話ししたことが少しでも響いてくれたのかな。ほどんどの中学はテストまであと9日。学校はおそらくまだまだ進みます。好スタートを切れる1次考査にしましょう。

中学1~3年生対象
『1次考査・定期テスト対策講座』


【日時】 5月22日(日) 9時~15時(昼食休憩あり)
   【指導教科】5教科
【受講料】 15,000円 【定員】5名 【残1名募集】

【締め切り】5月19日(木) ※今日が締め切り日となります。

【講座内容】各自テストに向けて必要なものに取り組んでもらい、
わからないところがあれば『個別指導』で、ひとり、ひとりにしっかり解説します。

定期テストでは、「学校のワーク、プリント」をしっかりこなし、
繰り返すのが一番の勉強方法。
だから、学校のワーク、プリントに取り組んでもらい、
わからないところを質問してもらっても、もちろんかまいません。

また、“テストに出るところ”がいっぱいつまった塾専用テキストを使用
してもらってもかまいません。テキストはお貸しします。

9時から15時までの6時間。いっぱい勉強し、わからないところをしっかり
解決していってください。

学年最初の定期テストで好成績を目指しましょう!


★定期テストで好成績をおさめるために☝
学校で渡される「テスト範囲表」。
これをしっかり見て、テスト勉強の参考にしましょう。
また、学校の先生に、「どんなところを重点的に勉強すればよいですか」
と質問してみるのもいいかも。きっと喜んで教えてくれるはずです。


【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
わかる!

小学6年生対象 中学準備講座「中学への算数 ①」

算数文章題集中講座 
小学数学

日時:6月5日、12日(日)2日間 

16時~17時10分 70分授業×2日間

受講料 10,000円

【定員5名】

苦手とする子の多い「算数文章題」に集中して取り組みます。
授業の形式は「個別形式」になります。

各自のペースで取り組んでもらい、わからないところをしっかりと、ひとり、ひとり丁寧に解説していきます。 

中学数学でも必要とされる以下の内容を主に取り組みます。

「時間・速さ・距離」

「割合」

「単位量あたりの数」 

※文章題を解くなかで、「計算力」が確かなものかどうかも確認していきたいと思っています。

講座の流れは以下のようになります。

①6月5日授業 問題演習、解説

②授業後、次回6月12日までに家庭で取り組む課題を渡します。
次回授業日までの1週間、家庭でもしっかりと取り組むことができます。

③6月12日授業 課題の質問受付と解答解説、問題演習、解説

④講座の中で気づいたことをもとに、「今後の勉強へのアドバイス」を面談にてお伝えします。

『問題演習と解説→家庭での課題取り組み→課題の解答解説+問題演習→面談にて報告・アドバイス』という流れになります。

算数そして中学の数学において、「文章題をできるようになる」ということは〝ひとつの関門”です。
家庭での課題取り組みもふくめて1週間のこの集中講座で、文章題に対する力と自信を身につけてもらえると思います。

お申込み締め切りは、5月31日(火)となります。

お問合せ・お申し込みは根城学習塾(担当 佐々木)24-7834までお気軽にどうぞ


topimg022.png
2016 5月

[広告] VPS


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック