【5月21日】 授業日記 中1一斉授業

5月21日

こんにちは。Kimです。今日は中1の授業でした。

今日も他の学年がたくさん自習に来ていました。特に、普段部活で来ることができない3年生が来て、遅くまで頑張っていたのが印象的でした。自習室、さらに熱気が出てきました

今日は授業中、ミニテストの点数に関して、厳しい口調で生徒と話をする場面がありました。今日はそれに触れていこうと思います。

私は毎回授業で何かしらのミニテストをやるようにしています。その出来具合で到達度を計りたいと思っているからです。

テストで問われる問題は大きく分けて2パターンありますね。「①理解しなければならない問題」と「②否が応でも覚えなければならない問題」です。塾の授業では「①理解しなければならない問題」を主に扱うようにしています。「どうしてそのような答えになるのか」を丁寧に説明解説します。その理解を深めるためにも、私はミニテストで「②否が応でも覚えなければならない問題」を扱うようにしています。それらを覚えてきてもらえれば、塾の授業内容も「ぐっと、すっと」、頭に入ってくると思います。

では「②否が応でも覚えなければならない問題」とはどんなものか。国語なら「漢字」、英語なら「英単語」、社会理科なら「一問一答式」の問題などです。そのようなテストをしてミスを連発した生徒に、「どうしたの?」と聞くと、みんな「わかりませんでした。」と言います。どうでしょう。例えば範囲を指定した漢字のテストに「わからない」というものがあるでしょうか。それは「わからない」のではなく「やっていない、覚えてこなかった」だけですね。

「覚えなければならないもの」を覚えていないと、英語や社会、理科では「考える問題」も答えられなくなります。英作文問題や、社会理科の記述問題などです。「思考力を試す分野」では得意・不得意が出てしまうかもしれません。しかし、がんばった分だけ点数が取れる「暗記分野」はどの生徒にも平等にチャンスは与えられています。

塾の授業中に「覚える、暗記する」をやってもいいのですが、限られた授業時間を意義あるものにするために、ぜひご家庭で「覚えるための時間をとる」習慣を作ってほしいと思います。少しの時間でいいでしょう。何時間もかかる量は出していません。家で、学校で、送ってもらう車の中で・・・、やる時間は「ない」のではなく、自分で作り出すものですね。

暗記分野のミニテストは頑張れば点数が取れる。合格が続けば自信にもつながるでしょう。ミニテストは「必ず合格」するものだという意識で取り組み、力をつけていってくれればなと思います(^^)。 勉強の仕方、暗記の仕方は伝えていますが、より詳しく、「自分にあった方法」へのアドバイスがほしい人はいつでも相談に来てください。

最後に、次回の彼の頑張りに期待します。

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
わかる!

小学6年生対象 中学準備講座「中学への算数 ①」

算数文章題集中講座 
小学数学

日時:6月5日、12日(日)2日間 

16時~17時10分 70分授業×2日間

受講料 10,000円

【定員5名】

苦手とする子の多い「算数文章題」に集中して取り組みます。
授業の形式は「個別形式」になります。

各自のペースで取り組んでもらい、わからないところをしっかりと、ひとり、ひとり丁寧に解説していきます。 

中学数学でも必要とされる以下の内容を主に取り組みます。

「時間・速さ・距離」

「割合」

「単位量あたりの数」 

※文章題を解くなかで、「計算力」が確かなものかどうかも確認していきたいと思っています。

講座の流れは以下のようになります。

①6月5日授業 問題演習、解説

②授業後、次回6月12日までに家庭で取り組む課題を渡します。
次回授業日までの1週間、家庭でもしっかりと取り組むことができます。

③6月12日授業 課題の質問受付と解答解説、問題演習、解説

④講座の中で気づいたことをもとに、「今後の勉強へのアドバイス」を面談にてお伝えします。

『問題演習と解説→家庭での課題取り組み→課題の解答解説+問題演習→面談にて報告・アドバイス』という流れになります。

算数そして中学の数学において、「文章題をできるようになる」ということは〝ひとつの関門”です。
家庭での課題取り組みもふくめて1週間のこの集中講座で、文章題に対する力と自信を身につけてもらえると思います。

お申込み締め切りは、5月31日(火)となります。

お問合せ・お申し込みは根城学習塾(担当 佐々木)24-7834までお気軽にどうぞ


topimg022.png
2016 5月

[広告] VPS


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック