【5月24日】 授業日記 中3 一斉授業

【5月24日】 授業日記

こんにちは。村戸です。今日は中3のテスト前最後の授業でした。

最後の調整で各科目、演習中心の授業でしたが、理科では中3範囲のほかに中2の「天気」が出るという中学が多く、最後にそこの確認をしました。意外に覚えることが多い天気の単元。ただただがむしゃらに覚えるのは辛いですね。

この単元は点と点を結んで関連付けて覚えると覚えやすいところでもあります。例えば、前線のところで出てくる雲や雨のところでは、ひとつ、寒冷前線と温暖前線の図が書けるとイメージしやすくなります。

このように、何か中心となるものを覚えることでその周りの関係することがらも覚えられるということが、勉強をしているといくつも出てきます。特に理科や社会では、大量に覚えるものがありますが、困ったら聞いてみてください。「これはグループで覚えられる」とか「これが原因でこうなった」というストーリーに結び付けられるかもしれません。ときには「あー、これはがんばって覚えるしかないね」ということもあるでしょう。それは気合です(笑)

はしょれるところは、はしょる。面倒くさい勉強ですが、うまくお付き合いしていけば楽しくなってくるかもしれません。

★今日のワンポイント(今日の天気の単元から)

〈前線と雲〉 
・寒冷前線・・・積乱雲(積雲)〔縦長の雲〕→激しい雨が、狭い範囲に、短時間降る
・温暖前線・・・乱層雲(高層雲)〔横長の雲〕→おだやかな雨が、広い範囲に、長時間降る
・停滞前線・・・寒冷前線と温暖前線の勢いが同じときにできる
・閉そく前線・・・寒冷前線が温暖前線に追いついてできる

〈高気圧と低気圧〉
・高気圧・・・まわりより気圧が高いところ。下降気流・風が吹き出す・天気がいい
・低気圧・・・まわりより気圧が低いところ。上昇気流・風が吹き込む・天気が悪い
・風は気圧が高いほうから低いほうに吹く

〈日本の天気〉
・夏・・・小笠原気団(高気圧)が発達。南高北低の気圧配置。南東の季節風。
・冬・・・シベリア気団(高気圧)が発達。西高東低の気圧配置。縦の等圧線。北西の季節風。
・梅雨・・・オホーツク海気団と小笠原気団による停滞前線。ぐずついた天気が続く。
・春・秋・・・揚子江気団からちぎれた移動性高気圧が偏西風に乗って東へ移動。天気が変わりやすい。

ラストスパート、一緒にがんばりましょう!!

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
わかる!

小学6年生対象 中学準備講座「中学への算数 ①」

算数文章題集中講座 
小学数学

日時:6月5日、12日(日)2日間 

16時~17時10分 70分授業×2日間

受講料 10,000円

【定員5名】

苦手とする子の多い「算数文章題」に集中して取り組みます。
授業の形式は「個別形式」になります。

各自のペースで取り組んでもらい、わからないところをしっかりと、ひとり、ひとり丁寧に解説していきます。 

中学数学でも必要とされる以下の内容を主に取り組みます。

「時間・速さ・距離」

「割合」

「単位量あたりの数」 

※文章題を解くなかで、「計算力」が確かなものかどうかも確認していきたいと思っています。

講座の流れは以下のようになります。

①6月5日授業 問題演習、解説

②授業後、次回6月12日までに家庭で取り組む課題を渡します。
次回授業日までの1週間、家庭でもしっかりと取り組むことができます。

③6月12日授業 課題の質問受付と解答解説、問題演習、解説

④講座の中で気づいたことをもとに、「今後の勉強へのアドバイス」を面談にてお伝えします。

『問題演習と解説→家庭での課題取り組み→課題の解答解説+問題演習→面談にて報告・アドバイス』という流れになります。

算数そして中学の数学において、「文章題をできるようになる」ということは〝ひとつの関門”です。
家庭での課題取り組みもふくめて1週間のこの集中講座で、文章題に対する力と自信を身につけてもらえると思います。

お申込み締め切りは、5月31日(火)となります。

お問合せ・お申し込みは根城学習塾(担当 佐々木)24-7834までお気軽にどうぞ


topimg022.png
2016 5月

[広告] VPS


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック