【7月7日の授業日記】 中2 クラス分けテスト

こんにちは、中嶋です。

最近は梅雨らしい天気が続きますね。
この時期を過ぎると本格的に夏になります。

塾でも夏期講習に向けて、クラス分けテストを行い
結果を加味してクラス分けを行いました。

そして昨日から新クラスで授業を行ったんですが・・・

基礎クラスから特進クラスに変更になった
生徒さん6名の表情は真剣そのものだったんです。

なぜなら、
特進クラスになれたことがゴールではなく
ここからがスタートだと肌で感じたからです。

特進クラスはスピードがあります。
基礎問題と応用問題のどちらも難易度が上がります。

授業開始から「基礎クラスとは違う」と
直ぐに気が付いて集中していました。

初めて特進クラスの授業を受けた生徒さんが
帰り際にこう話してくれました。

「となりの人がすごい学力です。」
(その生徒さんは以前から特進クラスです)

「でも、俺はこのクラスについていきます!!」

彼は特進クラスで授業を受けたいと前々から頑張っていました。
そして、結果として特進クラスにあがることができ
その授業の厳しさを肌で体感し、実力の差を知ることになりました。

でも、そこから新たな目標ができ、決意しました。

彼はこれからもドンドン成績があがるでしょう。
これから先も楽しみです。

なかには特進クラスに上がれずに
落ち込んでいる生徒さんもいました。

授業前は相当落ち込んでいたのですが
授業が始まると、
「まずは基礎クラスで一番になる!」
そんな気迫が彼の質問や発表から感じられました。

勉強でも部活動でも、なんでもそうだと思うのですが
上手くいかなかった時、結果が出なかった時は
その後の行動次第で「人間力」が出ると思います。

上手くいかなかった結果を踏まえて
次、がんばるのか。

それとも、立ち上がらずに朽ちていくのか。

転んだら、立ち上がればいい。
そして前回より頑張ればいい。

その積み重ねが結果となりますから。

本日は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございます!!


【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

topimg022.png

ホームページ【講習会】のページに『夏期講習会』のご案内を掲載しています。
2016 7月




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック