【8月18日 授業日記】

こんにちわ!外舘です。

お盆期間中はみなさんどのように過ごしましたか?

夜遅くまでオリンピックをみていた方も多いのではないでしょうか?

そんなお盆休み明け、8月18日の中3・数学の授業では一次関数と規則性の問題についての授業を行いました。

どちらも、特に一次関数は毎年県立高校の入試問題に出題されているので復習もかねて…と思っていましたが。

お盆休み中も皆さんしっかり学習していたようで、半数以上の生徒が見事全問正解していました!

特に規則性は学校の通常授業で学ぶというよりは入試対策で扱うことの方が多いものです。

ですから見慣れない問題かと思いますが、問題文や図をしっかり見れば思ったより簡単だった、なんてこともあります。

一見難しい問題に見えて、実際解いたらそうでもなかった、なんてことありませんか?

そういった問題が多いのも規則性の特徴、といえるかもしれませんね。

少し脱線しますが…

数学に限ったことではないですが、入試では時間との戦いも重要になってきます。

そのため今回はいつもよりもやや短めに回答時間を設けました。

もちろん素早く解けても間違っていては意味がないので、見直しなども必要になってきます。

正解率を上げるのはもちろんですが、中3の生徒の方は解くスピードや見直しをする、ということも意識したほうがいいかもしれませんね。

また、長かった夏休みもそろそろ終わろうとしていますが…皆さん学校の宿題の進捗はいかがでしょうか?

提出物の提出状況も学校の先生はしっかりみて評定を決めています。
提出物の提出期限をしっかり守りましょう。

残り数日、今ならまだ間に合います!

家だと集中できない、という方は塾の自習室を利用するのもお勧めですよ。


理科講座
 
「できるようにしたい!」
「できるようになりたい!」
という要望の多い、
理科の「計算問題特訓講座」第1弾です。

高校入試本番でも大きく差がつくところ
八高、北高など上位校の受験生はもちろん、
八戸工業、商業などの受験生も、できるようにしておくと
ほかの受験生に、より大きく差をつけることができるところです。
八戸西などは、今回の講座で扱うような問題をできるか、
できないかが「非常に大きな合否のわかれめ」といえます。

夏の三者面談で『内申点がすこし足りないよ』と言われた
生徒さんは、とにかく、
入試本番で「ほかの人より点数をとる」
ということにつきます。

「多くの人が点数をとれないところを、しっかり得点していける力」
を今回の講座でぜひ身に着けてください!

今回は以下の3つの分野の計算問題を取り上げます。

1、天気(湿度計算など)
2、地震(初期微動継続時間、震源からの距離計算など)
3、化学(化学変化と質量計算など)

講座日時;9月11日(日) 14時~16時50分
50分授業×3コマ
講座料;6,000円  定員24名

申し込み締め切り日は9月9日(金)となります。

お申込みは24-7834までどうぞ。

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png


[広告] VPS


2016 8月


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック