【9月6日の授業日記】 中3一斉授業 熟語の読み方

こんにちは、中嶋です。

最近の天気は暑かったり、大雨だったりと
変わりやすい天気が続いていますね。

季節の変わり目ですので、体調管理を
しっかりしていきましょう!!

今日は中3国語の「熟語の読み方」を取り上げます。

昨日、中3・国語の授業の始めに確認と復習として
取り扱った「熟語の読み方」ですが

大事なポイントは3つだけです。
覚えてくださいね!!

重箱読み ( 音 + 訓 読み )

湯桶読み ( 訓 + 音 読み )

熟字訓 ( 音・訓に関係ない読み方 )

他に、 音 + 音読み や、訓 + 訓読みもあります。

問題としては

重箱読みを選びなさい。
湯桶読みを選びなさい。
熟字訓を選びなさい。

と出されるので、上のことを理解していれば、
簡単に答えられます。

逆に理解していなけでば、答えられないので
この機会におぼえてくださいね!!

塾では、演習に力を入れています。

定期テスト対策として各中学で学習している
単元の問題を集中的に演習し、定着させる。

国語の演習をこなすことによって
文法問題や今回のような熟語の読み方など種々の問題
の出題形式を知ることができますし、
長文に慣れるなど、
着実に力は付いていくと考えています。

また、国語の授業だけにかかわらず、理科、社会の授業でも、
「学校別に、その範囲にあわせて」、授業を行っているので、
定期テストの点数に直結、大きく反映されると思います。

国語が苦手だという生徒さんは
一日に一題だけでもいいです。
「自分でも演習問題を解く」
そこから始めてみてください。
きっと変わってきますから。

本日は以上になります。
何か質問等がありましたら、お気軽に。

中嶋

※ テスト対策授業あります

9/25 中2 16:00~18:10
9/25 中3 13:00~15:40

理科講座改訂版

 

「できるようにしたい!」
「できるようになりたい!」
という要望の多い、
理科の「計算問題特訓講座」第1弾です。

高校入試本番でも大きく差がつくところ
八高、北高など上位校の受験生はもちろん、
八戸工業、商業などの受験生も、できるようにしておくと
ほかの受験生に、より大きく差をつけることができるところです。
八戸西などは、今回の講座で扱うような問題をできるか、
できないかが「非常に大きな合否のわかれめ」といえます。

夏の三者面談で『内申点がすこし足りないよ』と言われた
生徒さんは、とにかく、
入試本番で「ほかの人より点数をとる」
ということにつきます。

「多くの人が点数をとれないところを、しっかり得点していける力」
を今回の講座でぜひ身に着けてください!

今回は以下の3つの分野の計算問題を取り上げます。

1、天気(湿度計算など)
2、地震(初期微動継続時間、震源からの距離計算など)
3、化学(化学変化と質量計算など)

講座日時;9月11日(日) 14時~16時50分
50分授業×3コマ
講座料;6,000円  定員24名

申し込み締め切り日は9月9日(金)となります。

お申込みは24-7834までどうぞ。

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック