【10月17日の授業日記】 中2一斉授業 不定詞の形容詞用法

こんにちは、村戸です。今日は中2の授業でした。

今日の授業では不定詞の用法の3つ目である、「形容詞的用法」を扱いました。不定詞の中でも、語順で混乱が生じるところですね。今日の授業をまるっとおさらいしてみましょう。


朝が苦手な僕ですが、朝というのは本当に時間がないものです。

I don’t have time. (私には時間がない。)

どんな時間がないかというと・・・

I don’t have time to watch TV. (テレビを見る時間がない)
I don’t have time to read a newspaper. (新聞を読む時間がない)
I don’t have time to drink coffee. (コーヒーを飲む時間がない)

〔ましてや遅く起きすぎると・・・〕
I don’t have time to eat breakfast. (朝食を食べる時間がない)

time to watch TVで、テレビを見る時間となり、to watch TVというかたまりが、うしろからtimeを説明するように訳してますね。

⇒ time ←( to watch TV) (テレビを見る)→時間
  time ←( to eat breakfast) (朝食を食べる)→時間
  time ←( to do my homework) (宿題をやる)→時間
という感じです。

他の文も見てみましょう。
その前に、単語の確認です。 ⇒〔 thing:もの・こと place:場所 learn:学ぶ〕

I have many things to do.  私はすること(すべきこと)がたくさんあります。
 ⇒ things ←(to do) (するべき)→こと
There are a lot of things to learn here. ここには学ぶべきことがたくさんあります。
 ⇒ things ←(to learn) (学ぶべき)→こと
Kyoto has many places to visit. 京都には訪れるべき場所がたくさんあります。
 ⇒ places ←(to visit) (訪れる(べき))→場所
I have a lot of homework to do today. 今日はするべき宿題がたくさんある。
 ⇒ homework ←(to do) (するべき)→宿題
I have a book to read. 私には読むべき本があります。
 ⇒ book ←(to read) (読むべき)→本

というような感じです。
今日のto+動詞の原形の文は、直前の名詞を後ろから説明するというものです。訳は「~するための[  ]」とか「~すべき[  ]」という感じです。

間違いやすいポイントです。最後の文を例にとると、普通「本を読む」というときには
⇒ read a book
という語順ですよね。しかし、「読むべき本」というときには
⇒ a book to read
と変わるので注意が必要です。

重要point
日本語で「勉強するための[時間]」とか「見るべき[場所]」というように、
「(~ための・べき)→[  ]」というときには、[  ]から書き始めて、そのあとにto~と続けましょう。

今日のはそんな単元でした。
とても混乱しがちなところなので、今日配布したプリントで文の形をしっかり練習しましょう!


村と先生


中3生対象 理科の計算問題特訓講座 第3回
特別講座

講座日時 
第3回 10月30日(日) 14時~16時50分

受講料 6,000円 【定員】24名
 
理科計算問題特訓講座の第3回。

第3回は、「力・圧力、音、運動と速さ」

を徹底的に演習・解説します。

第3回 「力・圧力、音、運動と速さ」
圧力の求め方、パスカル単位
音の速さの計算問題
記録タイマーとグラフ
平均の速さ、等速直線運動など・・・

夏以降、学校で数回行われた実力テストなどで、
「自分は、理科の計算問題が苦手だな・・・」
と思った生徒さん。
「苦手だな・・・」と思ったところは、できるだけ早く改善したほうが
よいと思います。それが入試で勝つ秘訣です。
そしてその苦手を改善する方法として、今回のような講座を利用して
「集中的に、一気に取り組む」
ということは、非常に効果的です。

今回の講座で、
「苦手」を『得意☆』にしてください‼

申し込み締め切りは
10月28日(金)となります。お申し込みは24-7834までどうぞ。
2016 10月理科



■第3回 青森県全県テスト受験者募集中です。■
編 集 : (株)ベネッセコーポレーション 主 催 : 青森県全県テスト実施協会  事務局 :(株)ふじや全県事務局
実施日 11月3日(木・祝) 時間 9時~14時10分

会場 根城学習塾 受験料 3,500円
青森県内の全中3生のおよそ1/3に当たる4000名以上の中3生が受験する、県内最大で唯一の全県的な模擬試験です。
学校で行う校内模試では得られない「志望校毎の順位」や「合格可能性」がわかります。志望校決定にはなくてはならない模擬テストです。

塾に通っていなくても、誰でも受験可能です。

お申し込みは24-7834までお気軽にどうぞ。【締め切りは10月28日(金)となります。】

ちなみに・・・

学校での「実力テスト」、塾での「全県テスト」などの問題・解答はしっかりと「取っておく」ようにしましょう。

見直したり、再度解いてみたり。何よりの勉強になります。

特に入試間近に、それらの問題を本番を意識し、時間もはかって解いてみるという取り組みは、「強烈に勉強になる」と思います。

これまでの、そして今回の『全県テスト』の問題も、ぜひ、大いに活用してください。



【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック