【11月10日の授業日記】 中2一斉授業 一次関数の利用・動点の問題

こんにちは、中嶋です。
昨日は中2の一斉授業の曜日でした。

考査試験範囲が出た学校もあります。
これから考査まで、どう過ごすかで結果は変わってきます。

勉強するか、しないか。

極端に言うとこうなりますが
「勉強する」を選択した場合、細分化して考えます。

何の教科をどう勉強するか、何時間勉強するのか。

シンプルに一日の勉強時間を3時間はとってください。
テスト週間なので可能です。

まずは時間を増やしてくださいね。
(ほとんどの生徒さんが勉強時間が単純に足りないです。)

それでも伸びない!!という生徒さんは
勉強方法を見直す必要があります。

ここに関しては生徒さんによって
アドバイスが変わってきます。

まずは定期テストまで時間を増やして
勉強してください。

それと、自分だけじゃなく、ほかの生徒さんもテスト週間は
ガッチリ勉強し始めるのを忘れないでください。

長くなってしまいましたので、
昨日の授業で取り上げた大切なポイントを1つ書きます。

数学:一次関数の利用 動点の問題

先週、特進クラスのある生徒さんから
リクエストがあったんです。

「動点の問題で難しい問題を教えてください。」

テスト範囲でもあるので、難しい問題を授業で行いました。

動点の問題そのものが中2では難しい部類だと思います。
ですが、さらに難しい問題を解けるようになりたい!!

さすが特進クラスの生徒さんだと思いました。

動点の問題は、三角形の面積を求めるものが定番ですが
授業では台形の面積を求める問題を取り上げました。

初見の問題は解けなくてもいい。
ただし、次は解けるように解き方を覚える!!

初めてみた問題は、解き方を探すため
時間も労力も使います。

解き方を知らない場合もあります。
ですが、二度目は解き方を知っていることになります。

「あぁ、この問題は前に解いたな。」

ここで差がでるのは

「こうやって解いたぞ!」
と解き方を覚えている生徒さんと

「でも、どうやって解くんだっけ・・・」
と解き方を忘れている生徒さん。

前者のように解き方を覚える生徒さんになってください。
数学も最低限の暗記は必要ですからね。

解けない問題をほうっておくと
いつまでたっても解けないままです。

解けなかった問題は、必ず解き方を覚えるまで
解き続けることを実行してください。

解き方を覚えてしまえば、類題は覚えた解き方で
解くことができますからね!!

本日は以上になります。
何か質問等あればお気軽に。

中嶋

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック