【授業日記】 11月11日中3一斉授業、14日中2一斉授業

【11/11 中3一斉授業】

こんにちは、村戸です。今日は中3の授業でした。今日の英語は、コンビネーション形式で関係代名詞と分詞の確認とフォローを行いました。

関係代名詞は、2文連結や並び替えはよくできていましたが、穴埋め英作では関係代名詞のまとまりの中の三単現のsのつけ忘れが非常に多かったですね。

あの家に住む男の人はブラウンさんです。という文。
The man that (live) in that house is Mr Brown.
としてしまうミスです。liveをlivesにするという意識を忘れずにもちましょう。

分詞の班では、逆に並び替え問題のミスが目立ちました。
( soccer / is / the boy / playing ) Ken. サッカーをしている少年は健です。
というような問題。自信ありげに迷いもなく
The boy is playing soccer Ken.
と答えていました。最後のKenは不自然ですよね。出来上がった文をもう一度確認することが大事です。The boy playing soccer is Ken. となれば正解ですね。どうしても分詞の文は現在進行形にしてしまうというミスを誘発されやすいもの。これもまた意識することが大事ですね。

今回できなかったところは必ずマスターして、定期テストでのミスを防ぎましょう。

【11月14日 中2一斉授業】

こんにちは、村戸です。今日は中2の授業でした。

今日の英語の授業ではテストに向けた演習を行いました。ここからは今まで詰め込んだいろいろな知識や理論を自分のものにするために、たくさん演習を行うことで力がついていきます。今までは「教わる」ことがメインでしたが、「定着する」ことを意識してたくさん問題を解きましょう。ここからはできるだけマンガもゲームも封印ですね。

Lesson5の内容で間違いが多かった内容です。

人物動詞で、たとえば、
(1)  I gave him a ball. 私は彼にボールをあげました。
(2)  My mother cooks us breakfast. 私の母は私たちに朝食を作ってくれます。
というように、動詞のあとに人+物がくるときはいいのですが、
(1’) I gave a ball ( ) him.
(2’) My mother cooks breakfast ( ) us.
というように物が最初にきたときに、人の前に何を入れたらいいかわからなくなった生徒が多かったですね。基本はto+人にするのですが、〔buy / make / cook / get 〕のときにはfor+人にするということを覚えておきましょう
したがって、(1’)はto、(2’)はforです。そのほかにも覚えていない重要表現など、生徒それぞれに課題がありました。今日扱ったプリントだけでもしっかり覚える。そういう積み重ねであと数日、テストまで乗り切っていきましょう。


村と先生

理科記述

11月27日(日) 14時~16時50分
受講料 6,000円  講座担当 村戸

「入試対策 理科計算問題特訓講座」に続く、第4弾。

今回は、入試で出題数も多く、差のつくところになる
「記述問題」を取り上げます。

「知っているか、知っていないか」、
つまり「一度解いたことがあるか、ないか」
ではっきりと差がつくところです。

〝出やすい記述問題”を中心に、たっぷりと演習・解説します。

もう
特別講座

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png

冬期講習会20162



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック