【12月3日更新】 冬期講習会 中3生は新コースを設けました。

中3生対象の『冬期講習会』ですが、従来のコースが満員に達したため、新コースを設けました。

昼授業【一斉授業】 12/26、29 1/5、7、9、12、14
時間;14時~16時20分

少人数授業 12/27、30 1/5、10、13
時間;16時~17時30分

【一斉授業】と【少人数授業】の「全12日間」の授業になります。
【少人数授業】では、各自必要なものに取り組んでもらい、
質問・わからないところを、ひとりひとりにあわせしっかり
丁寧に授業する『個別指導形式』で行います。

少人数授業でも、5教科すべてを指導します。

授業料 45,000円
(入試対策用テキスト5教科分を含んだ料金になります。) 

お申込みは24-7834までどうぞ。



👇12月1日の県教委から発表された「進路志望状況」。いわゆる高校の倍率がわかるわけです。
11月16日現在
最終的なものではなく、これから行われる「三者面談」の結果をふまえての「第2次調査」があり、2月半ば以降に最終的な倍率がわかります。最終的な倍率がわかるのは、けっこう入試間近になってなのですね。

といっても、第一次調査の結果で、「傾向」はわかります。
目立つところでは、西高そして商業ですね。商業の倍率は現時点でも非常に高い。

倍率って結局なんなのかといったら、「何人不合格になるか」ってことです。商業なら現時点で163人受けて、83人が「落ちる」。なかなか険しい戦いです。商業志望の子は、ここから本気でがんばらなければならない。

一般的に、そして普通に考えてみて、ここから「上の高校」に志望校を変える子は少なく、より安全圏を目指して下の高校に志望校を変更する子が多いわけです。「西高から北高にします!」っていう子は少なく、「北高から西高にします」という子が多いわけです。

現時点でも高めの倍率である、西、商業がここからさらに「倍率が高くなる」可能性は大いにあるわけです。
そして「上から下げてくる子たち」つまり「学力が高めの子たち」がライバルとして増えてくる可能性がある。
そのことも十分考慮に入れて、ここからの勉強に本気で取り組んでいきましょう。


聞き取り講座

講座実施日 12月18日(日) 14時~16時
受講料 4,000円

入試で意外に大きなウェイトを占める聞き取り問題。
国語は近年配点が上がり15点分、英語は毎年27点分出題されています。
それらに特化した対策を行います。

どこを注意して聞き取るのか、メモはどのように取ればいいのか。

ポイントをおさえて、さらなる得点をつかみ取りましょう。
聞き取り問題に苦手を感じている生徒はぜひ受講してみてください。

「なんとなく」だったものが、きっと「確信につながる」でしょう。

申し込み締め切り日は12月15日となります。

お申込みは24-7834までどうぞ。
【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック