【12月13日更新】 12月9日【中3】、12月12日【中2】の授業日記 【村戸】

12/12 中2一斉授業

こんにちは、村戸です。今日は中2の授業でした。

今日の理科では電気の内容のおさらいです。先週に引き続き電気抵抗についてとその問題を扱いました。オームの計算にはもう慣れたでしょうか。直列、並列の回路での問題はまだ練習が必要ですね。

ドイツのオームさんは高校教師でしたが、電圧の単位にもなり、電池の名でも知られるボルタさんが作ったボルタ電池の研究を行い、流れる電流はかけた電圧に比例するという「オームの法則」を導き出します。これによって今みんなが勉強している電流・電圧・そして抵抗の関係が生まれたのです。

理科であれ数学であれ、過去の様々な人たちの研究で今の豊かな生活があります。建築、コンピュータ、ゲーム、医療・・・。きっと新しい発見をして名の知れているほとんどの人は、何か特別だったというのではなくみんなのように普通に生活していく中で、もしくは普通に教育を受けて勉強していく中で、何か興味をもったり深く知りたいという好奇心をもってそれが新しい発見につながったという人がほとんどなのではないでしょうか。知りたい、できるようになりたいという気持ちが人を大きくするのでしょうね。大きなことを成し遂げようとする必要はありませんが、せっかくみんなと勉強できるこの機会、そんな好奇心をもっていっしょに学んでいけたらなと思うこの頃でした。

12/9 中3一斉授業

こんにちは、村戸です。今日は中3の授業でした。

社会の授業では、総復習の手始めとして地理のまとめを行っています。今日のミニテストまでで世界地理を一通り終え、今日から日本地理へ入りました。世界もそうでしたが、それぞれの地域で行っていることや地名がごちゃごちゃになってしまいがちなのが地理です。どうしても頭の中で点と点をつなぎ合わせて言葉だけを覚えてしまう傾向がありますね。そんなときには白地図を思い浮かべてみましょう。

例えば、今日確認した日本の領土問題。北方領土はロシアが、竹島は韓国が不法に占拠していて、尖閣諸島は中国が領有権を主張しているというもの。場所を考えると「ああ、なるほど」となります。竹島は隠岐諸島の近くで日本と韓国の間くらいに位置し、尖閣諸島(これはどこにあるのか知らない生徒が多かったですね・・・)は、沖縄の西側、中国と沖縄の間くらいでしょうか。そんなところに位置しています。そのポイント整理をするだけで「竹島、ああ韓国の近くね。韓国が占拠しているんだよね」みたいにうまく定着するかもしれません。このように地理で気になるところは何もない白地図に書き入れてみると、意外と整理できます。

中3は今の時期に大掛かりなまとめノートなどを作っている場合ではないのですが、この時期に「あれ」と思ったことをササッと書き留めておくノートづくりは効果的です。特に、ここからいろいろな演習をしていく中で知らなかったことは、入試まで必ず持っていきたいものです。そのような工夫も取り入れながら、知識のストックを増やしていきましょう。


2016模擬試験授業

冬休み以降から県立高校入試前までの日曜日を利用して行う、「実戦模擬試験」と「その解説授業」をあわせた講座です。

受講料 35,000円 【定員40名】
【第1回】1/22 英、数 
【第2回】1/29 「青森県県立入試プレテスト」 5教科
【第3回】2/5 国、理     
【第4回】2/12 英、社 
【第5回】2/26 国、理   
【第6回】3/5 社、数

【第2回】のみ「9時~15時」。他は「14時~17時20分」で行います。

最初に模擬試験に取り組んでもらいます。
本番と同じく、国・英は50分、ほかは45分でのぞみます

「時間を意識して、実戦形式で模試に取り組む」というのは、非常に大きな力となります。
「自分なりの時間配分」をつかむことは入試で勝つ強力な武器のひとつです。

そのあとは、採点と解説授業。
本気で解いた問題を、時間をおかずに解答・解説するのですから、
解説授業も熱が入り、本気で取り組む。「力にならないはずがない」。できなかったところが、その日、その場でしっかりと自分のものになる。

また、1週間ごとの模擬試験授業が次の1週間の勉強の指針にもなるでしょう。「日曜日の模擬授業で、ここのできがよくなかった。今週はそこを重点的に勉強しよう。」というように。残りわずかの時間をより有効的につかっていくことができます。

本気で合格を目指す受験生の方に「強くおすすめしたい」、〝自信の講座”です。

お申込みは24-7834までどうぞ。
【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック