【12月28日更新】 中3生の保護者の方へ  

以下は、12月27日(火)の授業で生徒さんに渡した手紙の内容です。どうぞご確認ください。


中3生・保護者の方へ     「模擬試験授業」のご案内と今後について

① 日曜日を利用した『模擬試験授業』のご案内

冬休み以降から県立高校入試前までの日曜日を利用して行う、「実戦模擬試験」と「その解説授業」をあわせた講座です。 【担当 国数=中嶋 英理=村戸 社=佐々木】

【第1回】 1/22 英、数   【第2回】1/29 「青森県県立入試プレテスト」 5教科 
【第3回】 2/5 国、理  【第4回】2/12 英、社  【第5回】2/26 国、理  【第6回】3/5 社、数
受講料 塾生料金 (模試問題3回分込みの料金です。)       

時間は【第2回】のみ「9時~15時」。他は「14時~17時20分」で行います。
最初に模擬試験に取り組んでもらいます。本番と同じく、国・英は50分、ほかは45分でのぞみます。「時間を意識して、実戦形式で模試に取り組む」というのは、非常に大きな力となります。「自分なりの時間配分」をつかむことは入試で勝つ強力な武器のひとつです。試験後は、採点と解説授業を行います。取り組んだばかりの問題をしっかり見直すことで、できていなかったものを、その日、その場で解決していきましょう。また、1週間ごとの模擬試験授業が次の1週間の勉強の指針にもなるでしょう。「日曜日の模擬授業で、ここのできがよくなかった。今週はそこを重点的に勉強しよう。」というように。残りわずかの時間をより有効的につかっていくことができます。毎年、「模擬試験授業のおかげで、本番に普段通りの気持ちで臨むことができた」という声を生徒・保護者さんからいただいています。参加希望の方は下記用紙と受講料をそえて申し込みください。

② 今後について・・・塾にかよってもらうのは、「2月いっぱい」までとなります。これまで当塾を利用いただき心より感謝いたします。必要な生徒さんは、「3月3日(金)、7日(火)の19時~21時40分」も自習として利用できます。もちろん質問があれば答えます。2月終了にともないまして、1月末にお渡しする月謝袋で、2か月分の授業料をお願いする方もいますので予めご了承ください。

③ 3月中、もしくは高校進学後も「塾を継続するつもりだ」という方は、ぜひお声がけください。高校生は『個別指導』にて募集しています。現在、八高、高専、北高、東高、西高、工業の高校生が通塾しています。3月中は高校から渡された宿題・課題、もしくは高校の予習を行います。(特に数学は予習をおすすめします。)高校の指導可能科目は、「現代文、古典、漢文、数ⅠA~数Ⅲ、英語、化学、物理、生物」となります。基本的に『個別指導』ですので、生徒さんの要望にあわせて授業を行います。取り組む教材は、学校で渡された課題・ワークになることがほとんどです。高校では大量の教材そして課題が渡されるので、1、2年のうちはそれをやれば十分です。3月で一度塾を卒業した生徒さんも、もし高校の勉強が難しく感じられてきたなら、またぜひ相談してください。来年度は、高校生対象の各種講座も積極的に行っていきたいと思っています。ホームページで案内しますので、たまにのぞいてみてください。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック