【1月14日更新】 授業日記

「入試に向けて」 担当 中嶋

こんにちは、中嶋です。
昨日は中2、中3(昼授業)の一斉授業がありました。

中3の生徒さんは入試に向けて
日々勉強していると思います。

昨日は、受験生である一人から
こんな質問がありました。

「先生、入試までどうやって勉強したらいいですか?」

この生徒さんは勉強勉強の毎日で
わからないことが多くあると認識し、不安になった。

そして、解決するために質問してきたのかと感じました。

不安になるのは、当たり前だと思います。
その不安を取り除くために勉強し、合格する確率を上げる。

わかっていても、初めて入試を受ける中学生にとっては
大きな大きな問題なんですよね。

私はこの生徒さんに、こう答えました。

「ここまできたら、もう勉強の手段は問題ないよ。
大切なのは、目的(合格)と気持ちだぞ。」

小手先のテクニックや、裏技に頼るより
残された時間で、いかに目的に向かって気持ちをぶつけられるか。

ようは、集中して質の高い勉強ができるかです。

頭で考えるより、まずは机に座り
鉛筆を動かしてください。

入試まで、どう過ごすかで結果が決まります。

頑張って勉強していきましょう。
塾としても全力でサポートします。

最後に、体調管理を怠らないでください。

本日は以上になります。
中嶋

中嶋先生



【担当 田名部】

こんにちは、田名部です。

ここ数日で急に寒くなりました。風邪をひいている人も少なくないみたいです。3年生は受験がすぐ目の前ですし、あったかくして、体調は万全にしておきたいですね。

さて、冬休みも終盤ですが、宿題で焦っている人はいませんか?
普段自分ではなかなかしない、〝おさらいをさせてもらえる”冬休みの宿題はきちんと大事にやりましょう。
全体を通して、自分がどの教科のどこでつまづいているのか、改めて確かめるチャンスです。

宿題のワークの中で、出来の悪かったページはどこでしたか?それを把握できていますか?

中2生に関して、数学では一次関数や冬休み直前にやった証明、英語では疑問詞がつくとつまづいているような印象です。

証明は、「習った合同条件にどうにかしてもっていく」という「作業」です。
長さが同じ辺、大きさが同じ角をとにかく探し出して、そこから合同条件に当てはめた時に使いそうなものをピックアップすればいいのです。あとは問題文をよく読みましょう。仮定として書いてあるにも関わらず、見落として手が止まっているのをよく見ます。とてもとてももったいないことなので、それだけは気をつけましょうね。

英語の疑問詞に関しては、「疑問詞は文の先頭」「疑問詞の後は疑問文」という2点。それから、「英語の語順は基本的に主語+動詞+目的語」ということに注意しましょう。(もちろんbe動詞の疑問文などでは語順がひっくり返る事もありますが)

疑問詞の、特に並べ替えの問題で、「[目的語+動詞+主語]のような自分でも見たことないでしょう?」な語順にしているのを見かけます。基本的な語順のルールは上に書いたようにとても単純です。これを破ってはいけません。
あとは、疑問詞、疑問文、とてんこ盛りだから混乱するんだ!という人は、まずその問題の返答を、勝手にでいいので考えて、肯定文を作ってみましょう。

[今、誰が歌っていますか?]なら[今美紀さんが歌っています]。
[健はどこで野球をしますか?]なら[健は学校で野球をします]。
その日本語を英語にして、疑問文にして、それから疑問詞の文に直したら少しは語順バラバラ事件が減るのではないでしょうか。

自分が苦手なところ、つまづくところは、こうして長期休暇の宿題や定期テストでも改めて確かめられます。
「克服したはずだったのにまた苦手になってる!」が見つかるかもしれません。
宿題を活用して、次の学年に上がる前に苦手をつぶしていきましょう!

田名部先生2


29年テスト対策

【日時】2月19日(日)13時~17時(4時間)
【受講料】4,500円

【講習会担当】 佐々木

【授業方法】
各自テストに必要なものに取り組んでもらい、わからないところの質問に答えます。
5教科なんでも、どこでもOKです。
「なにを、どこを勉強してよいかわからない」という人にはアドバイスします。
定期テストでは「テスト範囲表」に従って
「学校のワーク・プリント」を繰り返しやるのが「いちばんの勉強方法」です。
学校のワーク・プリントをぜひ持ってきてください。
質問を受けた問題で「テストに出やすいもの」は黒板で取り上げて、
みんなに紹介・解いてもらうということもしたいと思っています。
参加者はノートを持ってきてください。必要な人には塾のテキストを貸して、
問題を解いてもらうということもします。

【定員】は1・2年あわせ25名までとさせていただきます。

お申し込みは24-7834までどうぞ。



【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png




プレテスト

中3生対象『青森県立入試プレテスト受験者募集』

1月29日(日)実施 9時~15時 受験料3,500円

今回から初めて実施される県立入試の「完全模擬試験」です。

これまでこの時期の模擬試験はありませんでしたが、

多くの受験生の「入試間近に模試を実施してほしい!」との声にお応えして新設された模試です。

入試と同じ、「中学全範囲」が出題範囲。本当の「力試し」となります。

しっかりと作られた問題ですので、「入試予想問題」としての活用はもちろん、
模試の結果を入試までの勉強に大いに活かすことができます。

12月、1月の勉強の成果を「プレテスト」で試す。
その結果を2月の勉強に活かす。
「できていなかったところを強化する」。
「解く時間が足りなかったのであれば、
普段の勉強で問題を解く時間を意識して取り組んでみる」・・・。

そして3月入試本番にのぞむ・・・。

「価値ある時期に行われる、価値ある模試」だと思います。

塾生以外の方も受験可能です。

お申し込みは24-7834までどうぞ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック