【1月19日更新】 授業日記 中3一斉授業「漢詩の確認」 (担当 中嶋)

こんにちは、中嶋です。
昨日は中3の一斉授業の曜日でした。

授業は理科・国語、特進クラスは英語で
基礎クラスは数学でした。

国語では、熟語と漢詩の入試対策問題を取り上げました。

今日は、国語の授業で確認した内容を書きます。

漢詩の形式

五字 × 四句 → 五言絶句
五字 × 八句 → 五言律詩

七字 × 四句 → 七言絶句
七字 × 八句 → 七言律詩

※ 絶句の構成

第一句 → 起句
第二句 → 承句
第三句 → 転句
第四句 → 結句

※ 漢詩の表現技法

対句 ・ 体言止め ・ 倒置法

などなど確認しました。
覚えていない生徒さんは必ず覚えましょう。

返り点の読み方(レ点や一・二点)も
必ず理解してくださいね。

「古文・漢文はどうやったら点数取れますか?」
と質問を受けることが多々あります。

そもそも、古文・漢文の問題を解いたり
勉強をしていますか?

まずは、勉強する時間をとってください。
そして問題を解いて理解することの繰り返しです。

分からないことや知らなかったことを覚える学習法。
どの教科においても、とても重要な学習法です。

地味な学習法と思うかもしれませんが
地味なものほど力が付きます。

地道に1つ1つ学習し、その積み重ねで成果が出てきます。

入試までがんばっていきましょう!!
本日は以上になります。

中嶋

中嶋先生


29年テスト対策

【日時】2月19日(日)13時~17時(4時間)
【受講料】4,500円

【講習会担当】 佐々木

【授業方法】
各自テストに必要なものに取り組んでもらい、わからないところの質問に答えます。
5教科なんでも、どこでもOKです。
「なにを、どこを勉強してよいかわからない」という人にはアドバイスします。
定期テストでは「テスト範囲表」に従って
「学校のワーク・プリント」を繰り返しやるのが「いちばんの勉強方法」です。
学校のワーク・プリントをぜひ持ってきてください。
質問を受けた問題で「テストに出やすいもの」は黒板で取り上げて、
みんなに紹介・解いてもらうということもしたいと思っています。
参加者はノートを持ってきてください。必要な人には塾のテキストを貸して、
問題を解いてもらうということもします。

【定員】は1・2年あわせ25名までとさせていただきます。

お申し込みは24-7834までどうぞ。



【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック