【2月1日更新】授業日記 中2理科、中3数学 

こんにちは、村戸です。今日は中2の授業でした。

今日の理科は、磁界のその②を扱いました。いわゆる「ブランコ」の問題や、電磁誘導の単元です。ここは原理云々を理解しようとすると理科が苦手な生徒ほど苦手意識が高まってしまう反面、ちょっとしたゲームのように考えることで解くことはできるようになるところです。(本質からは外れてしまいますが・・・。)今回は、どちらも紹介しつつ、いろんなパターンの問題に触れてみました。

ポイントは「一つ逆にすると結果は逆になる」と、「二つ逆にすると結果は逆の逆、つまり最初と変わらなくなる」というところでしょうか。ブランコでは電流の流れる向きや磁石のつくる磁界の向きに、電磁誘導では動かす磁石の極と動かし方に注意を払って、何が変わったのかをしっかり確認しましょう。

また、ブランコの問題で「①ブランコを大きく動かすにはどうするかの3つ」、電磁誘導で「②誘導電流を大きくするにはどうするかの3つ」の方法、言えますか? 答えは、①電流を大きくする、コイルの巻き数をふやす、強い磁石に変える。②コイルの巻き数をふやす、強い磁石に変える、磁石を速く動かす、です。

もう天気の単元に入った学校も多いですね。今回のテストの山となる磁界をまずしっかりマスターしましょう!

jikai.png

わかりやすい授業

こんにちは、中嶋です。
昨日は中3の一斉授業の曜日でした。

授業は国語・理科、基礎クラスは数学で
特進クラスは英語でした。

私は国語と数学を担当しました。
今日は授業で取り上げた円周角について書きます。

円周角の問題を解くポイントとして
円周角の定理と性質をフルに使います。

すべて書くと長くなってしまうので
よく使うポイントを書きます。

1、弧の長さが等しい=円周角・中心角が等しい
弧の長さが2倍の場合は、円周角・中心角も2倍になる。
画像1

2、直径の中心角は180°、円周角は90°
直径を通っていたら、円周角90°を意識する。
画像2

3、半径は等しいから、二等辺三角形
補助線を引いて二等辺三角形を作ることを意識する。
画像3

4、1・2・3を組み合わせて解く。
または、補助線を引いて解く。

大切なポイントのみ書きました。
円周角の問題は、解き続けるとパターンが見えてきます。

決して難しい単元ではないので、マスターしましょう。

本日は以上になります。

中嶋



講習会29

29年テスト対策

【日時】2月19日(日)13時~17時(4時間)
【受講料】4,500円

【講習会担当】 佐々木

【授業方法】
各自テストに必要なものに取り組んでもらい、わからないところの質問に答えます。
5教科なんでも、どこでもOKです。
「なにを、どこを勉強してよいかわからない」という人にはアドバイスします。
定期テストでは「テスト範囲表」に従って
「学校のワーク・プリント」を繰り返しやるのが「いちばんの勉強方法」です。
学校のワーク・プリントをぜひ持ってきてください。
質問を受けた問題で「テストに出やすいもの」は黒板で取り上げて、
みんなに紹介・解いてもらうということもしたいと思っています。
参加者はノートを持ってきてください。必要な人には塾のテキストを貸して、
問題を解いてもらうということもします。

【定員】は1・2年あわせ25名までとさせていただきます。

お申し込みは24-7834までどうぞ。


証明講座

【日時】2月12日(日)14時~16時(2時間) 【受講料】3,500円 

【講座内容】図形の証明のところ全範囲を取り上げます。取り上げる問題のレベルは〝標準~上級レベル”とします。

「ひとつ上のレベルの証明問題」を解くために必要なテクニックが
学べる問題を選びました。

証明問題を「極めたい人」、
今度の定期テストで100点を目指す人向けの講座
にします。
定員は15名。
※参加者はノートを持参ください。

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png


14周年ゆいかブログ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック