【2月20日更新】 授業日記 中1英語 (担当 田名部)

こんにちは、田名部です。

既に終わったところは5次考査お疲れ様でした、ベストは尽くせたでしょうか。
まだの学校もテスト範囲が出揃ってきました。
全体的にどの教科も範囲は広いようですが、早めに準備して直前で大変な思いをしないようにがんばっておきましょう。

中1の英語は、「〜出来る」の「can」、現在進行形、一般動詞過去形をメインに、今までの総復習になるところが多いようです。

★can
・「〜することが出来る」という文は、主語と動詞の間に「can」を入れる。
・否定文は、「can」にnotを付ける。
・疑問文は「can」を前に出す。→返事をはcanで聞かれているのでcanで答える。Yes,I can.のように。

★現在進行形
・「(今)〜している」という文は、主語+be動詞+一般動詞ingで作る。
・否定文は、be動詞の文と同じで、be動詞にnotを付ける。
・疑問文は、これもbe動詞の文と同じで、be動詞を前に出す。→返事はbe動詞で聞かれているのでbe動詞で答える。Yes,I am.のように。

★一般動詞過去形
・「(過去に)〜していた」という文は、動詞を過去形にして作る。
・否定文は、一般動詞の前にdo notの過去形であるdid notを入れ、動詞は原形に戻す。
・疑問文は、頭にdidを付け、動詞は原形に戻す。→返事はdidで聞かれているのでdidで答える。Yes,I did.のように。

文の作り方自体はどれもシンプルですが、動詞の形やingの付け方、過去形では不規則動詞に注意です。

①make
②write
③say
④have
⑤draw
⑥see

進行形、過去形にできますか?1年生でなくても少し怪しい…なんて人もいるんじゃないでしょうか。

①making made
②writing wrote
③saying said
④having had
⑤drawing drew
⑥seeing saw

教科書本文に出てくるものはもちろんですが、ワークなどを解いていてよく出てくる単語は確実に覚えていくようにしましょう。


2017春期

わかりやすい授業春期

春期講習会の詳細はホームページの【講習会】のページに掲載しています。どうぞごらんください。

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png


14周年ゆいかブログ

2017チラシ2
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック