【3月11日更新】 授業日記 中1 社会歴史 (担当 田名部)

こんにちは、田名部です。

3年生の皆さんは県立入試お疲れ様でした。 今まで頑張ってきたのをみんな知っています。自信を持って前を見据えましょう。
1、2年生のみなさんは実力テストお疲れ様でした。少し前のブログでも書きましたが、実力テストは1年後、2年後にひかえている入試の練習です。問題はもちろん、雰囲気に今のうちに馴染んでおけるといいですね。

さて、先日の中1、一斉授業の社会では、1年生の歴史の最後である室町時代の確認をみんなでしました。

室町時代序盤の主な出来事は

1333年…鎌倉幕府が滅んで、後醍醐天皇が建武の新政を始める。
1336…朝廷が南北2箇所に存在して全国が混乱する南北朝時代が始まる。
1338…足利尊氏が征夷大将軍となる。
Takaujibubun.jpg

1368…漢民族によって明が建国される。
足利義満が征夷大将軍となる。
1392…南北朝の統一。
1404 …日明貿易(勘合貿易)が始まる。
1429…琉球王国が成立。
1457…アイヌ民族が蜂起。

ポイントとなるキーワードは

⚫建武の新政
足利尊氏らとともに鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇は、政治の中心を朝廷に戻し、公家重視の政治を始めた。この時年号を「建武」としたのでこう呼ばれる。
力を付けていた武士をないがしろにしたため、不満が広がり、わずか2年ほどでくずれてしまう。

⚫南北朝時代
後醍醐天皇に不満を持った足利尊氏は、天皇を京都から追い出し、新しい政治を行うべく新しい天皇をたてた。→北朝
追い出された後醍醐天皇は吉野(奈良県)に逃れ、新しく朝廷を開いた。→南朝
トップが2人いるので国内は混乱し、さらに武士たちが南北朝の有益な方に味方して全国で争い始めたためさらに混乱は加速した。

⚫室町幕府
北朝の新しい天皇に征夷大将軍に任命された足利尊氏は、政治の拠点である幕府を開いた。
後にこれが室町という場所に移されるため、この幕府を室町幕府と呼ぶ。
また、室町幕府がくずれる1573年までを室町時代と呼ぶ。

⚫守護大名
全国の混乱をおさめるため、それまで与えられていた権利より多くの権利を与えられた守護たちは、土地を支配し、土地の有力者を配下につけて大名へと成長していった。

⚫南北朝の統一
3代将軍である足利義満は、その頃には南朝は勢力をほとんどなくしていたので、北朝に合一するように呼びかけ、南朝を従わせて南北朝を統一した。

⚫管領
室町幕府の将軍の補佐役。
鎌倉時代の執権にあたる。名前をきちんと区別して覚えよう。

⚫明
モンゴル民族に支配されていた大陸の各地で漢民族が反乱を起こし、モンゴル民族を北に追いやり新しい国をたてた。これが明である。

⚫倭寇
日本人を中心に、少数の朝鮮人や漢民族が加わった集団が、朝鮮半島沿岸や中国大陸沿岸を襲ったり、不正な貿易をするなど、海賊行為を働いていた。これを倭寇とよぶ。
TKY201012020278.jpg

⚫日明貿易
倭寇に困っていた明は、日本に倭寇の取り締まりを求めた。明と国交を結ぶことによる利益に目をつけた足利義満は、倭寇を取り締まり、明と国交を始めた。

⚫勘合
倭寇と正式な貿易船を区別するために、一つの札の半分を明が、もう半分を貿易船が持ち、照合することで識別する方法をとった。その分けた札を勘合と言い、これを用いたので日明貿易を勘合貿易とも呼ぶ。


ポイントを整理して、その後は一問一答式に問題をたくさん解いてください。
春休みが始まりますね、また少し風邪などが流行り出しているようですが、体調に気をつけていきましょう。


数学講座高校

【講座日時】 3月19日(日)19時~21時

【対象】現高1、2年生 【講座担当】佐々木康信

【受講料】 5,000円

【講座内容】数Ⅰ二次関数。「平方完成」の練習から始める基本的な内容になります。「二次関数が全然わからない!」という人向けの超基本的内容の講座です。ゆっくりと丁寧に授業していきます。筆記用具とノートかルーズリーフを持ってきてください。


【お申込み方法】24-7834まで電話でお申し込みください。

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック