【3月12日更新】 新規入塾生、春期講習会受講生募集中です。

2017チラシ2

2017春期

【新中1】 
3/24国算、25算英、27国英、28算国、29国算、30英算、31算国 (7日間)

時間 15時~16時半 受講料 12,500円

国語は漢字と文章読み取り問題をしっかりと。
「国語の読み取り問題は、どのようなことを意識し、注意して取り組めばよいのか」
ということを伝えたいと思います。

算数は、分数の計算を中心に計算を完璧にすることを第一に。
中学で〝差がつくところ”となる「時間・速さ・距離」と「割合」、
そしていろいろな「文章題」。

英語はフォニックスを取り入れた授業。
発音と単語の「つづり」の関係をマスターすれば、
中学で多くの単語を覚えていくとき、きっと役に立つと思います

【新中2】 
3/15、18、22、25、28、29 4/1 (7日間)

時間 19時半~21時40分 受講料 13,500円

国語(3コマ)は文章題を。この機会に「入試レベル」の文章題に取り組んでみましょう。
「2年後、高校受験でこういうレベルを相手にすることになるのだな」と意識することは
今後の国語の勉強にきっとプラスとなります。
(※1コマは40分授業です。)

数学は「方程式の計算・文章題 1コマ」、「比例・反比例 1コマ」、
「立体の体積・表面積 1コマ」、「資料の整理(ヒストグラム、有効数字など) 2コマ」。
1年最後の内容となる「資料の整理」は、「2年1次考査」の範囲となることが多いです。
そのことも考慮し、多く時間を割いて勉強します。
「資料の整理」は、最近は「入試でも頻出」となってきています。

英語(5コマ)は「1年内容の復習・定着」を。
中学英語は「1年生の内容」がしっかりしているかどうかで「決まります」。
ここがしっかりしていれば、2年になっても、3年になっても、
「英語で苦労することはありません」。
ぜひ、この機会にしっかり、完璧にしましょう。

社会(4コマ)。
社会のような普段なかなか家庭で自主的に学習しない教科を、
講習会で復習しておくのは大事です。あとになって「じわじわ効いて」きます。
各テスト、そして高校入試でも問題になりやすいところを中心に
しっかり復習します。

理科(4コマ)は、「大地の変化、地震」のところを中心に。
こちらも1年最後の内容となり、「2年 1次考査」の範囲となることが少なくありません。
差がつくところとなる「地震の計算問題」もしっかりマスターしましょう。
毎授業の最初に1年学習内容の「1問1答形式」問題に取り組むことで、
「基本用語」の確認もしていきます。(これだけでずいぶん違ってきます。)

【新中3】

3/16、21、23、24、27、30、31 (7日間)

時間 19時半~21時40分 受講料 16,000円

数学は、「連立方程式の文章題 1コマ」、「1次関数 2コマ」、
「図形の証明 1コマ」、「確率 1コマ」。
基本の復習をしつつ、高校受験にむけて「入試レベル」の問題にも取り組みます。
「1次関数」は「2点から直線の式を求める」、「代入して値を求める」。
ここのところをまずはしっかりしたいと思います。
もうひとつ、1年内容ですが「立体の体積・表面積 1コマ」。
入試に頻出のところですが、公式を覚えなければならないためか、
苦戦する生徒さんが多いところです。
「円すいの中心角、側面積」に関しては「簡単な裏ワザ」もあるので、
ぜひ紹介したいと思います。

英語(5コマ)は「接続詞」、「不定詞・動名詞」、「比較・最上級」、「受動態」。
2年内容を学習しながら、ここでもう一度、「1年内容(三単現S、過去形など)」の
復習・徹底も意識して授業します。

理科(4コマ)は3年1次考査の範囲となってくる「天気 2コマ」。
そして苦手にしている生徒が多い、「電気 2コマ」。
湿度計算。オームの法則…。
集中して問題演習することで「計算問題」を克服しましょう。
一度「コツをつかんで」しまえば、こわいことはありません。
毎授業で1・2年内容の「一問一答」形式の小テストで基礎知識を確認していきます。
こういう「小さなこと」が大きく役に立ってくるでしょう。

社会(3コマ)は「歴史」。
「江戸時代~昭和時代」、2年後半に学習した内容に力をいれて復習していきます。
1年後の高校入試の合否で「差がつく」のが社会。
とくに歴史の江戸以降は、「知っている人とそうでない人」の差が格段にあります。
一度復習をするだけで大きく違ってくるものです。
大事なポイントにしぼって授業をしていきます。
この機会にぜひ。

国語(3コマ)は入試レベルの文章題(説明文・小説)、古典、漢文。
特に古典・漢文は復習する機会の少ないものでしょうから、
この機会に確認しておきましょう。
今度の入試ではまた「現代文・古典融合文」が出題されるかもしれません。
そのような問題も取り上げたいと思います。

【小学生 全学年】 
3/22、24、27、29.31
時間 17時~18時 受講料 5,000円

指導教科は「国・算・理・社」。
「個別指導形式」でお子さんに必要なものをしっかりと指導します。
学校の宿題に取り組んでもらっても大丈夫です。
中学生も指導している講師が担当するので安心してお任せください。
小学生のこれまでの内容がしっかりできているか確認できるよい機会だと思います。
必要な方には講習後、面談にて今後の勉強のアドバイスをさせていただきます。


2017学力テスト

【実施日】4月2日(日) 

【新中1】 9時~12時 国・数・社・理の4教科 
範囲 小学内容すべて

【新中2】 9時~12時50分 5教科 
範囲 中1までの内容すべて

【新中3】 9時~12時50分 5教科
範囲 中2までの内容すべて

【受験料】 中1 3,000円 中2、3 3,500円
 
新中2、中3は「英語リスニング問題」もあります。

前学年の学習内容を主に、
これまでの学習内容がしっかりできているかどうかを
確認できる学力テストです。

試験終了後に解答解説を、2、3週間後に偏差値などが記載された
詳細な成績表が渡ります。
中学校内の偏差値ではなく、もっと大きな母集団での
偏差値を知ることができる機会です。
単元ごとの成績も出るので
「自分はどこができていて、どこができていないか」を確認し、
今後の勉強に大いに役立てることができます。

受験学年である新中3生は現時点での偏差値を把握することは、
志望校を考えいくうえで大いに参考となるでしょう。

春休み、この「学力テスト」を意識、
目標にして勉強に取り組んでみてはどうでしょうか。

この学力テストのみの受験も可能です。
わかりやすい授業春期
【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
topimg022.png


14周年ゆいかブログ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック