【5月10日更新】 こどもの国

佐々木です。

昨日は、こどもの国へ行く。2年ぶりくらいか。
根城を出て、ゆりの木通り、交差点を右折して、吹上。パークホテルの交差点を右折して…という具合に、以前の知識を頼りに車を走らせる。
すると、よこまちストアが見えた。「あれ?この道」となる。

そうなのだ。白山台から田向方面への道路が開通したので、そこを通ればよかったのだ。そうすれば、この交差点に「すっ」と来ることができる。こどもの国が、「だいぶ身近になった」。

こどもの国へ着く。人はいるが遊具が動いている気配がない。休みではなかったはずだが。昼時に行ったので、「昼休みかな」と思う。

うろうろしていると、緑の服を着た係の人が、「言ってくれれば動かしますよ」と言う。なるほど、乗る人がいなくて動いていなかっただけなのか。

11枚つづりの券を買う。豆汽車に乗る。メリーゴーランドに乗る。妻と子。俺と子で2回。ほかに乗る人はなく自分たちだけであり、少し不思議な感じがしたが、係の人は親切だった。観覧車に乗る。券の残りの都合で、妻と子のみ。子どもは「怖がるのではないか」と思っていたが、窓をバンバンたたいて逆に妻が怖い思いをしたらしい。

広場で飯を食う。さあ、お弁当を広げて…とできればよいのだが、子どもがあっちゃこっちゃ動いてそうもいかない。おやつせんべいを与えて動きをとめたすきに、おにぎりひとつ食べた。

さっきも書いたが、こどもの国にだいぶ気軽に行けることがわかった。これであれば平日の日中、空いているときに来ることができる。

帰ってきて準備をして仕事に行く。今日の授業は18時から。それまで自分の勉強をする。化学の問題を解きながら15分ほど寝ていた。



2017の5月

「定期テスト対策授業」は5月9日時点で17名参加(残13名)。
「国語【説明文】読解講座」は7名参加(残8名)となっています。2日とも申し込んでくれる人が多く、意気込みを感じます。がっちり勉強しましょう!

「国語【説明文】読解講座」は、正直予想以上の反応です。ありがとうございます。
国語に対する、今までの「なんとなく」を
「そういうふうに解けばよいのか!」「考えればよいのか!」
と思ってもらえるような講座にしたいと考えています。
この講座で「つかんだもの」は、高校受験、そして高校での国語、大学入試にも
生きてくるかもしれません。


【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック