【5月19日更新】 中3数学 展開・因数分解、その利用 

佐々木です。

5月18日、中3基礎クラス数学を担当。

展開、因数分解の問題を5問。「パパッと」解いて終わりではなく、だいぶ慎重に解くようになったのが印象的。大事なこと。

毎回言っているが、日々の計算練習を忘れずに。3問でもよい。時間にしたら5分くらい。「ほんのちょっとしたこと」の積み重ねが結果を大きく変える。本当に。

新しく「計算の工夫」のところを紹介した。テストで出題されたら計算過程を残すように要求される。学校によっては、ここのところがけっこうな数出題された定期テストもあった。

展開、因数分解が「実際の役に立つ」ことが実感できて面白いところ。授業でも、ちょっと、「ほお!」「へえ!」みたいな小さな驚きの声が聞こえてきて嬉しかった。ね、面白いでしょ。

理科の話になる。根城中のように中3で「運動」のところが範囲になっているところは、「時間・速さ・距離」の計算問題が、ずらっと出題されることがある。単位を要求されたものにあわせることが必要となる。分速100mは、時速6kmというように。苦手にする子が多いところ。差がつく。練習をしておいたほうがよいだろう。

ブロックで遊ぶ。よく食べるようになった。チーズ、イチゴがお気に入り。今のところ好き嫌いはなさそうだ。写真はすましているが、食器をぶんなげることもある。
IMG_2989.png
yuika519.png



516とっぷ2

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック