【5月20日更新】 中2英語 if (担当 田名部)

こんにちは、田名部です。

日中は暑いほどの日が増えてきました。と、同時に虫もたくさん出始めて、虫の苦手な私には困った季節が今年も始まってしまいました…。早く冬になってほしいものです。

さて、先日の中2の英語の授業では、接続詞「if」について扱いました。

接続詞といえば、ついこの前やった所で聞き覚えがある人も多いはず。
つい最近接続詞の「when」を学習しました。

「when」には出来る役割がいくつかあり、習ったものでは
①「when+疑問文」のときは疑問詞。訳は「いつ~ですか?」
②「when+肯定文や否定文」で、もう一つの文とくっついている時は接続詞。訳は「~なとき」

接続詞「if」は②の友達なので、使い方も②とほとんど同じです。
一度やったものですし、少しホッとしますね。

では、「もしあなたが学生なら、月曜日に学校に行きます」を作ります。
この場合前半の文は「if+肯定文」となればいいので

「If you are a student,」

これに「ならばどうなのか」の結果の文をくっつけます。

「~,you go to school on Monday.」

つなげて、「If you are a student, you go to school on Monday.」

whenの時もそうでしたが、これは前後の文を入れ替えてもOKです。
ただし、入れ替えてwhenやifがくっついている方が後ろ側に来た場合は、コンマがとれるのに注意しましょう。

さらに注意したいのは、接続詞は「二つの文を繋げる役割をする」ものだということ。
なので、前半と後半がそれぞれきちんとした「文」になっている必要があります

文になるには、主語や動詞を省いてはいけません。

加えて、「 , 」の後ろの文の最初を大文字にするミスをよく見ます。
大文字になるのは「文の最初」なので、ピリオドが来ない限りは、大文字ではじめてはいけませんよ!

教科書では、天気の表現とセット出てきていることが多いです。
天気を表す時は、時間などと同じように主語は「it」をつかいます

もし晴れならば「If it's clear,」
もし雨ならば「If it rains,」

雨天の言い方は状況によって色々な表現があって大変ですが、「もし」の文はこれをそのまま暗記してしまいましょう。

テスト週間が始まりますね。
日曜日にはテスト対策授業があり、ほかの日は自習室も利用できます。
本腰を入れてがんばっていきましょう。



516とっぷ2

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック