【6月4日更新】 「ドラゴン・イングリッシュ」 竹岡広信

佐々木です。

ずいぶんずいぶん前に買って、ちらちらとしか見ていなかったが、『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』。なんとはなしに、腰をすえて読んでみるとずいぶんと為になる。

基本英文100とその解説が載っている。「へえ、そうだったのか」と思うことが多い。2次対策や英検の英作文対策に十分なると思う。

raise「持ち上げる」という動詞がある。「育てる」という意味もある。「p」をつけれなpraize「ほめる、称賛する」という動詞となる。ほめて育てるというが、面白い一致。

scold「叱る」という動詞。こちらは「cold」冷たいにsがついた形。そう覚えればよいとか。なるほど。

こういう本を2度、3度、そしてもう1回で4度ほども繰り返し読めばだいぶ英語の力がつくと思う。
.

数学集中講座
2017の6月ポステス対
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック