【6月9日更新】 平方根と数学集中特訓講座 

佐々木です。

中3一斉基礎クラスの数学を担当。
「平方根」のところをいっきに最後のほうまで授業。来週は中総体前1週間。来ることができない生徒もいると思い、平方根の重要なところを駆け足で紹介してみた。

平方根の基本中の基本をまとめておく。以下のものを「土台」として演習を繰り返せばよい。

①Aの平方根とは2乗したらAになる数のこと。ルートAはAの平方根のこと、2乗したらAになる数のことだ。
②ルートがついた数は2乗すると「ルートがはずれる」。
ルート2の2乗=ルート2×ルート2=2。これは分母の有利化につながる。
③平方根の計算の答えは、「aルートbのカタチ」にできるときは絶対にする。分母にルートがついているときは「有利化」をする。

この3つ。「平方根」のところは、近似値の問題、循環小数の問題、有理数・無理数の問題など間に入ってきて、「???」となってしまうことも少なくない。しかしながら、本当の「土台中の土台」は今の3つだけである。この3つを意識し、勉強の中心にすえて各問題に取り組んでいけばよい。

ほか、出やすい問題、間違えやすい問題も十分に把握している。塾生には授業でそれらを存分に伝える。外部の方は、「6月24日(土)の14時~17時」までの数学集中特訓講座をどうぞ。もし塾生でも参加し、さらにパワーアップ、100点を目指すという人がいればどうぞ。塾生の方は、受講料1000円でよいです。


数学集中講座

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック