【6月10日更新】 中3英語 現在完了 (担当 田名部)

こんにちは、田名部です。

中総体に向けてほとんどの学校で運動部の活動時間が延長されていますね。
部活をがんばって、そのすぐあとに塾にきてまたさらに頑張って・・・感心します。


さて、きのうの中3の一斉授業、英語の基礎クラスでは、先週学習した現在完了形のもう一つの使い方について学習しました。

現在完了形は
「主語+have(has)+動詞の過去分詞形」

使い方①「(ずっと)~している」(継続)
肯定文では「since(~から)」「for(~間)」とよくセットで、疑問文では「how long(いつから)」をつけて使うことができます。

使い方②「(ちょうど)~しおえたところ」(完了)
肯定文では「just(ちょうど)」「already(すでに、もう)」とセットで、疑問文では「yet(もう)」否定文では「not~yet(まだ~ない)」とセットで使うことができます。

新しいのは使い方③です。
「(今までに)~したことがある」(経験)
肯定文では文末に回数を付けて使われたりします。
1回「once」
2回「twice」
3回目以降は数字と「回」を組み合わせて「three times」
例)She has talked with Tom once.

「~したことがありますか?」という疑問文では、「ever(今までに)」を入れて強調します。
返事はいつもどおり、have(has)で聞かれているのでhave(has)で答えましょう。
例)Has she ever talked with Tom?
ーYes, she has./No, she hasn't.

「~したことがない」という否定文は、普通に「not(~ない)」ではちょっと弱いので、代わりに「never(1度も~ない)」を使うことが多いです。
例)She has never talked with Tom.

現在完了形は使い方が複数あってややこしいですが、キーワードははっきりしています。
テストでは、どの使い方なのか曖昧な問題は出ません。これらのキーワードがセットか、文脈で確実に判断できるようになっているはずです。

きのう3年生と復習しましたが、今までに学習した①②の用法のキーワードは完璧そうです。
さらに③も完璧にして、夏前の大きな山を確実にこえていきましょう。


ホームページ「講習会」のページに「夏期講習会」のご案内を掲載しました。どうぞごらんください。
夏期

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック