【7月27日更新】 夏期講習会 中2英語 (担当 田名部) 

こんにちは、田名部です。

先週から夏期講習がスタートしています。
どの学年も、夏期からの生徒さんや夏期のみの生徒さんがかなり増えていて、塾生の皆さんも新しい空気感で、新しい刺激の中で勉強ができているのではないでしょうか。

先日は中二一斉、英語の特進クラスで授業を行いました。
夏期講習では復習をメインに前半の基礎固めをやっていきます。前回は一年の最後と二年の最初の単元である過去形の復習を行いました。

I play soccer.(私はサッカーをします) → I played soccer.(私はサッカーをしました)
のように、動詞を過去形にすることで文全体を過去形にします。

過去形は
①動詞のおしりにedを付ける(スタンダード型です)
②eで終わっている単語はdのみを付ける(eedとなったら変ですもんね)
③子音字+yで終わっている単語は、yをiに変えてからedを付ける(法則はいざという時のために覚えておきましょう。study→studiedなどよく出てくる単語は暗記してしまうのをお勧めします)
④stop→stopped
(これも法則がありますが、あまりお目にかかる機会はないのでこれだけ覚えておいて、ほかが出てきたらその都度覚えるのがよいでしょう)
⑤不規則に変化する

⑤が一番厄介ですね。前回もよく出る単語を20個ピックアップしてみんなに書いてもらいましたが、全部かけていた人はほとんどいませんでした。よくでてくる単語はワークなどでたくさん書く機会があるはずですが、それでもかなり抜け落ちているのだということですね。

不規則動詞が書けないなど、文法はわかっているのにそういうところで点を落とすのは本当にもったいないですよね。定期テストなど本番でやっていたら、自分が一番落ち込むことでしょう。

基礎より前の部分は、自分で努力するしかありません。それは他人は全く関係なく、自分の力と点数に確実に直結するものです。
そうして自分で頑張って結果が出たものは絶対に自信につながります。

夏期講習でも、終わってからの通常授業でも、基礎の前の部分を発見するサポートも全力でしていきます。私たちと一緒に、苦手や抜けている部分をガンガン見つけてガンガン補っていきましょうね。


おかげさまで夏期講習会生をふくむ塾生数は、111名。多くの生徒さんに来ていただいて本当に感謝しています。「ますます頑張らなければ」という思いで取り組んでいます。

また、根城学習塾・湊高台校「志路ゼミナール」へも、新規開校に関わらず多くの生徒さんに来ていただけることになっています。驚き、感謝するばかりです。

「夏休みに入って、子どもの様子を見ていると何もしないでダラダラしてばかり。これじゃあいかんと思い、塾の夏期講習会を・・・」という保護者の方が例年少なくありません。

根城学習塾でも、志路ゼミナールでも夏期講習会・個別指導を受け付けております。

夏休みだけで勉強が、受験が決まるわけでもないですが、やはり「長い夏休みをどう過ごすか」というのは大きな、大きな差を生みます。

当塾の個別指導はすべて信頼・経験の正社員講師が担当します。

ぜひ安心してお任せください。

期待は裏切りません。


2017個別

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック