【10月19日更新】 中2数学 動点の問題 (担当 中嶋)

こんにちは、中嶋です。

これからの土曜、日曜は文化祭シーズンですね。

生徒さんは文化祭のことをたくさん教えてくれます。
懸命にがんばってるんだなと感じています。

文化祭本番だけでなく、準備や練習も楽しんでくださいね!

今日は土曜日に中2の特進クラスで勉強した
数学の『動点の問題』について書きます。

この問題は、中2で最も難しい問題の1つです。

今日は特に難しい箇所を1つ説明します。

例えば、下図の問題

図1

点Pが点Aから点B、点C、点Dへと移動した距離を x㎝ とし
△APDの面積を y㎠ とするとき
点Pが辺CD上にあるときの y と x の関係について
解けない生徒さんが非常に多いです。

ただ、ここまでは分かっているんです。
y = 8 × ? ÷ 2

高さ?をどう表せばいいかが分からないだけなんです。

高さ?はこう表すことができます。
16 - x

どこから16がでてきたかというと
辺AB + 辺BC + 辺CD です。

<ポイント>

高さ?は点Pが移動する辺の長さの合計16
から移動した距離xを引いて表すことができます。

なのでyとxの関係は

y = 8 × (16 - x ) ÷ 2

答え y = -4x + 64

ポイントをしっかり理解して、類似問題を解き
動点の問題に慣れて解けるようになりましょう!!

本日は以上になります。

中嶋


2017の10がつポステング
【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック