塾のはなしの記事 (2/246)

【8月1日更新】 夏期講習会 社会歴史 (担当 田名部)

こんにちは、田名部です。
夏休み一週目が終わりそうですが、小学生などからはちらほら、宿題のワークが終わったよ!という声を聞くようになりました。
中学生も自習に来たりして、中2生徒には、あと1冊で全部終わりという生徒もいるようです。
終わり間際ではなくこの早い時期に、「宿題がおわらない頑張らなきゃ」という声を聞くと、学生時代の自分たちがなんとも情けなくなります(笑)

さて、3年生は夏期講習で夜も昼もきている生徒さんが多くいます。私は昼の授業では、国語、歴史、英語を担当しています。

先日は歴史の授業がありました。

縄文時代など初期の日本史は、小学生の頃とさほど内容が変わらないので皆さん得意に見えます。
得意で余裕のあるところは説明させる問題に強くなっていてほしいです。
「旧石器時代に使われていた石を打ち欠いて作った石器は?」と聞かれて「打製石器」と答えると言ったような、説明を聞いてワードを答えられるのは当然、その逆も出来てほしいなということです。

先ほど言った初期の日本史でよく見かける、縄文土器の特徴は?や、弥生時代の遺跡に物見やぐらが見られる理由は?冠位十二階ってどんなもの?などの説明問題に強くなると歴史はさらに伸びると思います。

縄文土器の特徴...縄目の模様、厚い、もろい、重い、など
物見やぐら…稲作が中心となったことにより、土地などをめぐる争いが増え、村やくにごとに争いに備えたため。
冠位十二階…家柄にとらわれず、能力や功績のある人物を役人に登用するもの。

今学習している近代日本史は、世界とも深く関わっている時代なので絡めて覚えなければいけないことも多いです。
夏休みを利用して、補強していきましょう。


NEW!小学生・中学生対象対象

■夏休み学校課題ワーク完成・演習、休み明けテスト対策コース■【個別指導】 1コマ80分×4コマ 授業料16,000円

☆授業日時は都合にあわせ決定します。

(授業内容)「夏休みの課題を、ひとりではなかなかできない」、「わからないところを個別に解説してもらいながらすすめたい」、「課題ワークにしっかり取り組み、夏休み明けテストでよい成績をおさめ、新学期の弾みとしたい」・・・
などの生徒・保護者の方の要望にしっかりとこたえる「学校の課題を中心とした個別指導コース」です。
宿題・課題を「ただこなすだけ」ではもったいない。どうせやるならしっかり取り組み、これまでの復習にいかしましょう。

休み明けテストは「定期テスト」よりも目立たないかもしれません。だからこそ、「よい順位」をとるチャンスです!
自信をつけ、9月の定期テストへのはずみとしましょう。

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

佐々木です。

7月31日月曜日、中3一斉授業では基礎クラス国語を担当。

前日行った「第1回 青森県全県テスト」の解説を行う。

漢字は「すいい=推移」が書けていない子が多かった。授業でも話したが、国語は入試本番1時間目。この最初の国語で「できた!」という手ごたえがあれば、続く4教科もよい気持ちでのぞめる。特に漢字は、「できた、できなかった」の印象がはっきりと残るものなので後に尾をひきやすい。たった1点ではあるが、本番では「あの漢字書けなかった、できなかった」と引きずりやすい。大問2漢字の問題は15点。満点を狙っていこう。

大問3は「漢文」だった。最初のほうがわかりにくかったかもしれない。「必要な分だけお金を稼ぐ。余ることもないから貯金しておく金蔵も必要もない。足りなくなって借金する必要もない。これが君子=立派な人のやりかただ」という内容だが、金蔵とか貸し借りが必要ないのところがわかりづらかっただろう。

漢文の勉強をするときは、文を「読んでみる」ことをおすすめする。目で追うだけではわかりづらいものが、声に出して読んでみるだけで違ってくる。漢文の独特の言い回しにも慣れてくる。最初は書き下し文を。次に原文を返り点を意識しながら読む。そして問題を解く。これで十分だ。

夏休みに入り、中3生も「グッと受験生らしくなった」と感じている。夏期講習会もふくめ、ほぼ毎日塾に来てもらっているが、だれずに緊張感もある。とてもよい。

夏以降が楽しみである。


【7月31日更新】 「全県テストで結果を出すために」 (担当 中嶋)

こんにちは、中嶋です。
7/30に中3生の全県テストがありました。

このテストで結果を出すために夏期講習が始まってから
「全県テスト対策」に力を入れてきました。

私が担当している特進クラスの数学の授業では

・配点の高い基本問題と関数の問題を中心に(夜授業)
・中1中2の基本と応用問題を中心に(昼授業)

対策を行いました。

全県テスト前日の昼授業では、仮想全県テスト問題として
テキストにある総合問題を解いてもらいました。

解答する前に感想を聞いたんですが、驚きました。

「簡単に解けました!!」
「関数が解けるようになりました!!」
などなど。

生徒さん自身、力がついてきたことを実感していました。

なので、私は全県テストでは「気を緩めず
ミスがないように慎重に臨んでください」とだけ伝えました。

結果が楽しみです。

見直しも忘れずに。

8/6(日)は、小5・小6、中1・中2生の全国学力模試があります。
中3生だけでなく、皆さんがんばっていきましょう!!

夏期講習会は半ばをむかえますが
後半にかけて予習も行います。

その様子についても書いていこうと思います。
本日は以上になります。

中嶋



NEW!小学生・中学生対象対象

>■夏休み学校課題ワーク完成・演習、休み明けテスト対策コース■ 

【個別指導】 1コマ80分×4コマ 授業料16,000円

☆授業日時は都合にあわせ決定します。

(授業内容)「夏休みの課題を、ひとりではなかなかできない」、「わからないところを個別に解説して
もらいながらすすめたい」、「課題ワークにしっかり取り組み、夏休み明けテストでよい成績をおさめ、
新学期の弾みとしたい」・・・
などの生徒・保護者の方の要望にしっかりとこたえる「学校の課題を中心とした個別指導コース」です。
宿題・課題を「ただこなすだけ」ではもったいない。
どうせやるならしっかり取り組み、これまでの復習にいかしましょう。
休み明けテストは「定期テスト」よりも〝目立たない”かもしれません。
だからこそ、「よい順位」をとるチャンスです!
自信をつけ、9月の定期テストへのはずみとしましょう。

【7月27日更新】 夏期講習会 中2英語 (担当 田名部) 

こんにちは、田名部です。

先週から夏期講習がスタートしています。
どの学年も、夏期からの生徒さんや夏期のみの生徒さんがかなり増えていて、塾生の皆さんも新しい空気感で、新しい刺激の中で勉強ができているのではないでしょうか。

先日は中二一斉、英語の特進クラスで授業を行いました。
夏期講習では復習をメインに前半の基礎固めをやっていきます。前回は一年の最後と二年の最初の単元である過去形の復習を行いました。

I play soccer.(私はサッカーをします) → I played soccer.(私はサッカーをしました)
のように、動詞を過去形にすることで文全体を過去形にします。

過去形は
①動詞のおしりにedを付ける(スタンダード型です)
②eで終わっている単語はdのみを付ける(eedとなったら変ですもんね)
③子音字+yで終わっている単語は、yをiに変えてからedを付ける(法則はいざという時のために覚えておきましょう。study→studiedなどよく出てくる単語は暗記してしまうのをお勧めします)
④stop→stopped
(これも法則がありますが、あまりお目にかかる機会はないのでこれだけ覚えておいて、ほかが出てきたらその都度覚えるのがよいでしょう)
⑤不規則に変化する

⑤が一番厄介ですね。前回もよく出る単語を20個ピックアップしてみんなに書いてもらいましたが、全部かけていた人はほとんどいませんでした。よくでてくる単語はワークなどでたくさん書く機会があるはずですが、それでもかなり抜け落ちているのだということですね。

不規則動詞が書けないなど、文法はわかっているのにそういうところで点を落とすのは本当にもったいないですよね。定期テストなど本番でやっていたら、自分が一番落ち込むことでしょう。

基礎より前の部分は、自分で努力するしかありません。それは他人は全く関係なく、自分の力と点数に確実に直結するものです。
そうして自分で頑張って結果が出たものは絶対に自信につながります。

夏期講習でも、終わってからの通常授業でも、基礎の前の部分を発見するサポートも全力でしていきます。私たちと一緒に、苦手や抜けている部分をガンガン見つけてガンガン補っていきましょうね。


おかげさまで夏期講習会生をふくむ塾生数は、111名。多くの生徒さんに来ていただいて本当に感謝しています。「ますます頑張らなければ」という思いで取り組んでいます。

また、根城学習塾・湊高台校「志路ゼミナール」へも、新規開校に関わらず多くの生徒さんに来ていただけることになっています。驚き、感謝するばかりです。

「夏休みに入って、子どもの様子を見ていると何もしないでダラダラしてばかり。これじゃあいかんと思い、塾の夏期講習会を・・・」という保護者の方が例年少なくありません。

根城学習塾でも、志路ゼミナールでも夏期講習会・個別指導を受け付けております。

夏休みだけで勉強が、受験が決まるわけでもないですが、やはり「長い夏休みをどう過ごすか」というのは大きな、大きな差を生みます。

当塾の個別指導はすべて信頼・経験の正社員講師が担当します。

ぜひ安心してお任せください。

期待は裏切りません。


2017個別

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

【7月25日更新】 夏期講習会スタートしました。 (担当 中嶋)

こんにちは、中嶋です。

先週から小学生・中学生の夏期講習会が始まりました。
大変多くの生徒さんが受講され、活気のある一週間でした。

特に中学生の皆さんが、いつもと違ったように感じました。
その理由はいくつかありますが、1つ取り上げて書きます。

生徒さんの志望校を確認したことで、目標・目的が明確化し
「やらされている勉強」から「自分からやる勉強」に変わった。

この意識変化は大変素晴らしいことだと思います。

「自分からやる勉強」へ変化した意識が塾の授業を受けている時の
姿勢に表れ活気のある雰囲気を生んだと肌で感じました。

特に印象が強かったのが、いつもは授業が終わってから
分からなかった問題を質問してくる生徒さんが、授業中に
「もう一度教えてください!」と堂々と手を挙げて質問したことです。

「分からないままにしない」という意識が
「今この場で分かるようにする!!」という意識に変わった瞬間でした。

新しい生徒さんも増え、自分の良きライバルが解けた問題を
「直ぐに分かるようになって差をなくすんだ!」って
心の声が聞こえたように感じました。

強い意志をもった生徒さんは力がつきます。
なぜなら、意志が行動に変り、行動が結果を変える。

この夏で結果が目に見えて分かるほど力をつける生徒さんも
少なくないでしょう。

夏期講習会が楽しみです!!

夏期講習会は始まっていますが、途中からの受講も可能です。
もちろん体験授業もOKですので、結果を出したい方は
連絡をお持ちしています!!

本日は以上になります。



【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

【7月23日更新】 夏期講習会・個別指導 

佐々木です。

おかげさまで夏期講習会生をふくむ塾生数は、111名。多くの生徒さんに来ていただいて本当に感謝しています。「ますます頑張らなければ」という思いで取り組んでいます。

また、根城学習塾・湊高台校「志路ゼミナール」へも、新規開校に関わらず多くの生徒さんに来ていただけることになっています。驚き、感謝するばかりです。

「夏休みに入って、子どもの様子を見ていると何もしないでダラダラしてばかり。これじゃあいかんと思い、塾の夏期講習会を・・・」という保護者の方が例年少なくありません。

根城学習塾でも、志路ゼミナールでも夏期講習会・個別指導を受け付けております。

夏休みだけで勉強が、受験が決まるわけでもないですが、やはり「長い夏休みをどう過ごすか」というのは大きな、大きな差を生みます。

当塾の個別指導はすべて信頼・経験の正社員講師が担当します。

ぜひ安心してお任せください。

期待は裏切りません。


2017個別

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】