【6月20日更新】 定期テスト対策授業。

佐々木です。

塾の仕事をしていれば帰りは夜10時を過ぎる。それから飯を食う。寝るのは1時近くになる。

朝6時くらいに目を覚ます。トイレに行き、水を飲む。そのまま寝ることもあるし、こうして仕事関係のことをちょっとすることもある。そのあとやはり寝る。

8時くらいに起きる。子どもといっしょに、「おかあさんといっしょ」、しかく、さんかく、まるの兄弟が出てくるショートアニメ、「いないいないばあ」、「おとっぺ」、「森のレシオ」とかの枠、絵本読み聞かせ、みんなのうた。9時までテレビを見る。「おとっぺ」は短い時間ながらも面白く、音楽も耳に残る。「森のレシオ」などの時間帯は、芸術作品的な映像・ストーリーで感心する。「よく作られているな」と思う。「みんなのうた」では、『天地のこえ』などがかかる。厳かめいた曲で、妻があわせて踊りながら歌ったりする。妻はよく変な踊りをしたり、歌ったりするので、見ていて飽きない。1歳3か月の子どもはそれを不思議そうに見ている。

今日は中学生対象のテスト対策講座。学校の振り替え休日を利用したもの。「参加者はそれほどないだろう」と思っていたが、思ってた以上の参加者。ありがとうございます。先生4人態勢でのぞむので、わからないところはドシドシ聞いてください。がんばりましょう。

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】

6説

数学集中講座

【6月19日更新】 中3生・保護者様対象の進学説明会 =6月24日(土)実施=

佐々木です。

今週土曜日、「進学説明会」を実施します。現在参加予定者は3名。私が担当します。
7月に学校で行われる「進路決定にかかわる三者面談」の際に役立つかと思います。
多くの方のご参加、お待ちしております。


6説

数学集中講座

【6月17日更新】 中2英語 接続詞のthat (担当 田名部)

こんにちは、田名部です。

中総体に向けての追い込みの時期ですね。部活だけでなく、開会式の行進練習も大変!というところも多いらしいです。
3年生の皆さんは、中総体が終われば定期テスト、すぐに夏休みで一気に受験生モードになります。運動部にとっては部活の締めくくり、精いっぱい頑張る姿を応援しています。

さて、先日の中二の一斉授業、基礎クラスの英語では、接続詞「that」について扱いました。
「~ということ」という意味の「that」は、これまで出てきた接続詞と同じように文と文とをつなげる接着剤の役割をしてくれます。

「This book is interesting.」
よく見る普通の現在形の文です。訳は「この本は面白い」

ただ、その本は誰にとっても面白いものとは限りませんよね。なので表現を和らげるために「この本は面白いと思います」などと言うのは日本語でもごく普通のことです。
これは英語でも同じ。作ってみようとすると、「私は考えます」→「I think.」という文と、「この本は面白い」→「This book is interesting.」という二つの文が登場します。

そこで、二つの文をくっつける接着剤、接続詞「that」を使います。

I think that this book is interesting.
(私は、この本は面白いと思います。)

thinkの他にも「know(知っている)」「say(言う)」「hope(望む)」などとよく一緒に見かけます。
はじめの動詞が変わっても使い方は同じです。


はじめにも書きましたが、接続詞「that」は文と文とをくっつける役割のものです。
逆に言えば、「that」の前後はどちらも単独の文として成立できるものでないといけないということです。
英作文をする際、I think that interesting.などとしないように注意しましょう。

加えて、否定文と疑問文ですが、これは「thatの前でだけ作る!」と必ず覚えてください。

I think that this book is interesting.
→否定文に→I don't think that this book is interesting.

→疑問文に→Do you think that this book is interesting?

このように、thatより後ろを触ってはいけません。日本語につられて後半を変えてしまわないように注意です。

さらに、この接続詞の「that」は省略が可能です。
I think this book is interesting.のように。否定文、疑問文も同じです。

ただ、省略して姿が見えないだけで、そこにいるのだということは忘れないようにしましょう。
省略されていようが、そこには接続詞が隠れているのだと意識して、やはりここでも、前後の文はどちらもきちんと「文」として成立させるのを徹底しましょう。

すでにテスト範囲が出た学校もちらほら見受けられます。
はやめに少しずつでもテストの準備を始めていきましょう。



2017の6月ポステス対

数学集中講座

【6月16日更新】 夏季大会でも塾で勉強する。 (担当 中嶋)

こんにちは、中嶋です。
昨日は、中3の一斉授業の曜日でした。

授業は、社会・数学・英語で
私は社会と数学の授業を担当しました。

夏季大会壮行式ということもあり、欠席する生徒さんが
多くいるのでは?と思っていたのですが
ほとんどの生徒さんが塾に来てくれました。

個人的なことですが、とても嬉しかったです。

眠たい目をこすりながら、疲れと戦いながら
授業を聞き、必死になって問題を解いていましたね。

「疲れてたけど、頑張って勉強した。」

この積み重ねが、先の話ですが受験で勝つ要素の1つだと
私は思っています。

もちろん疲れた時は無理せずに休む時は休む。
メリハリをつけて勉強することも同じくらい大切です。
疲れた時はしっかり休んでください。

疲れてるけど、少しなら勉強できる!!
と感じたら少しでもいいです、勉強しましょう。

少しのつもりが、がっちり勉強していた。
なんて経験があるかと思います。

勉強したか、していないか。
身についたか、身についていないか。

この差が、定期テストの結果となり
受験結果として現れます。

まだ受験を意識している生徒さんは多くないと思いますが
受験のために、定期テストのために1つ1つ、コツコツと
積み重ねていきましょう。

夏季大会の後は、定期テスト対策授業があります。
6/20(火)と25(日)です。
時間は、13時から18時です。

前回の定期テスト対策授業は大好評でした。
もちろん外部生もOKです。

ご希望の方はお電話下さい。
お待ちしています。

本日は以上になります。

中嶋


2017の6月ポステス対

数学集中講座

【6月15日更新】 定期テストまで2週間。 (担当 中嶋)

こんにちは、中嶋です。
昨日は、中1の一斉授業の曜日でした。

授業は、国語・理科・数学で
私は理科の授業を担当しました。

授業の前に学校の様子を聞いたところ
根城中学校は、定期テストの範囲がでましたね。

理科に関しては、「植物の光合成から最後まで」と
単元がちがう「物質の性質」が範囲です。

植物の範囲については、塾の授業で
すでに終えているので問題ありませんね。

暗記が多い単元なので、昨日の授業では
大切なポイントを確認し、演習中心で
個々に分かる問題と分からない問題を明確にしました。

分からない点は、その場で覚える。
または理解する。

理解できない問題は質問する。

そして分からなかった問題にチェックマークを入れる。
テスト前に、その問題を再度解く。

点数を取る生徒さんほど、分からなかった問題や
間違えた問題をほったらかしにせず、大切にしています。

解けなかった問題は確実に解けるようにしてから
次にすすんでくださいね。

解けないまま次に進んで勉強しても
解けなかった問題がテストにでたら解けませんから。

定期テストまで、まだ2週間あります。
1つ1つ着実に前に。

十分間に合いますから。

本日は以上になります。

中嶋


夏期
青森県全県テスト

【根城学習塾ホームページはこちらをクリック!入塾金0円!どうぞお気軽にお問い合わせください。】